離乳食 離乳食初期(5.6ヶ月頃)

離乳食のじゃがいもは初期からOK!冷凍法とレンジで簡単中期・後期レシピ

投稿日:2015年6月29日 更新日:

離乳食じゃがいも

今日の食材は「じゃがいも」です。

じゃがいもはでんぷんが多いのですり下ろして料理に入れるとトロトロになって食べやすいですし、根菜ということで裏ごししやすいのもお母さんとしては大きなポイント!

じゃがいもって常備してるから、離乳食のレパートリーはいくつあっても助かる♪
たくさん作って保存したいけど、冷凍保存には向いてるのかな?

 

そこで今日は、離乳食でじゃがいもを使う時に気になるポイント、ももが実際に作った離乳食のレシピなどをご紹介します。

 

じゃがいもを与えるのはいつから?

じゃがいもは、離乳食初期から食べさせてあげられる食材

炭水化物、ビタミンC、カリウム、食物繊維と言った栄養も豊富なんです。

ビタミン類としてはもちろん、離乳食初期(5、6ヶ月)は炭水化物として食べさせてもOKと、使い勝手も良く便利!

 初期中期後期完了期
じゃがいも ○ ○ ○ ○

※じゃがいもは国が定めているアレルギー品目に該当しませんが、まれにアレルギーが出る可能性があります。

赤ちゃんの様子を見ながらゆっくり食べさせてあげましょう。

 

参考【離乳食初期・中期・後期・完了期】食べていいもの悪いもの食材早見表(アレルギー表示有)

 

離乳食に使うじゃがいもの選び方

じゃがいもを離乳食に使う時の選び方としては、

・芽が出ていたり緑色になっていないかをチェック

⇒じゃがいもの芽や緑色の皮の部分には、食中毒につながるソラニンという毒が含まれてるので特に注意が必要

・しわがよってしぼんだ様になっていたり、傷がたくさんついているものも避ける

 

じゃがいものの種類で言うと、メークイン、男爵をよくスーパーで見かけますよね。

どちらも離乳食に使えますが、潰して使うならホクホク食感で煮崩れしやすい男爵、すりおろすならメークインでも男爵でもおすすめですよ。

 



離乳食 時期別の大きさ

離乳食じゃがいも

じゃがいもを離乳食で食べさせてあげるときのサイズの目安は以下の通り。

・初期(5、6カ月)・・・すりおろしたり、裏ごししたペースト状

・中期(7、8カ月)・・・荒くすり潰したマッシュ状~2、3mm程度の細かい角切り

・後期(9~11カ月)・・・4mm程度の角切り~手づかみ

 

赤ちゃんの様子を見ながら、目安の大きさを参考に慣らしてあげて。

1回に食べさせるじゃがいもの量

じゃがいもを始めて食べさせてあげる時も小さじ1からスタートします。

時期別の1回に食べさせる量の目安は、下記の表の通り。

ビタミンの量を参考にしてみて下さいね。(初期の頃は炭水化物として考えてもOKです)

炭水化物 タンパク質 ビタミン
初期 30~40g 豆腐10~15g
白身魚5g
10g
中期 50~80g 豆腐30~40g
肉・魚10~15g
乳製品50~70g
卵黄1個~全卵1/3個
20~30g
後期 90g 豆腐45g
肉・魚15g
乳製品80g
全卵1/2個
30~40g
完了 90g 豆腐50~55g
肉・魚15~20g
乳製品100g
全卵1/2個~2/3個
40~50g

 

 

離乳食のじゃがいも調理法

じゃがいもを離乳食で調理するときは、お鍋で煮た後に潰すのも良いですし、電子レンジでチン♪もお手軽。

その前の下ごしらえでのポイントは、

・じゃがいもの芽、緑色になっている皮部分は必ず取り除こう!!

・アクが強いので水にさらそう!

大人のじゃがいも料理の時でもそうですが、赤ちゃんに食べさせる時は少し厚めに皮をむいて調理すると安心ですね。

続いて、鍋での調理法と簡単なレンジでの調理法をご紹介していきます。

 

鍋での調理法

①じゃがいもは厚めに皮をむいて水にさらす

②鍋に①のじゃがいもと、じゃがいもがかぶる位の水を入れて茹でる

③②のじゃがいもがやわらかくなったらザルに上げ、熱いうちに裏ごしする

 



電子レンジでの調理法

電子レンジ

①じゃがいもは厚めに皮をむいて水にさらす

②耐熱容器に切ったじゃがいもを入れる

③小さじ2杯程度の水を入れふんわりとラップをする

④500Wの電子レンジで1分程度加熱する
※電子レンジによって違うので竹串や楊枝で確認してください。

⑤熱いうちに裏ごしをする

 

離乳食に使うじゃがいもは冷凍OK!

毎回少量のじゃがいもを茹でて潰しての調理は大変。まとめて冷凍ってできるのかな?
生のまま冷凍するとじゃがいもって食感も悪くなるし、おいしくなくなっちゃうよね。
いったん加熱して裏ごしかマッシュしてから、冷凍保存するのがおすすめ。

 

じゃがいもは冷凍可能な食材です。

風味や食感を損なわないために、生の状態ではなく一度加熱し裏ごしもしくは潰したものを冷凍します。

解凍は、必要な量だけ取り出して電子レンジでチンすればOK。

冷凍の際は製氷皿に入れて凍ったらフリーザーパックに入れ替えて保存するのが楽ちんです。

私は100円ショップの製氷皿を使っていたのですが今は便利なものがたくさん販売されていて、

リッチェル離乳食保存容器

こんな風にスルンと取り出せる容器もあるので、とっても便利!

 

Amazon価格を見る

 

裏ごし済の野菜なら食材宅配!!

手作りの離乳食を食べさせてあげたいけど、毎日育児にバッタバタ。

少しでも手際よく便利に作る方法ってないかな・・・

特に離乳食の1回量って少量だから、毎回ゆでて裏ごしして~の作業は大変。
面倒な裏ごしは、食材宅配を利用すると便利!

 

そこでこちらでは、裏ごし作業をしてくれた商品を販売している食材宅配のオイシックスとパルシステムをご紹介します。

 

裏ごしにはハンドブレンダーもおすすめ>>離乳食作りにミキサー&ブレンダーは必要?人気おすすめ商品をご紹介。

 

オイシックスのフレーク野菜

全国展開している食材宅配でおすすめなのがオイシックス。

オイシックスでは、「安心野菜のベジキューブ」と言って裏ごし野菜を冷凍したとっても便利な商品を販売。

こちらは、じゃがいもとほうれん草をミックスしたペースト。

国産のじゃがいもとほうれん草を使用し、食塩・保存料・着色料無添加。

小分け容器に入っているので、必要な量だけ取り出してレンジチンして解凍すれば、色々な離乳食に使えますね。

また、「お湯で溶かすだけ北海道じゃがいも100%フレーク」も使い勝手抜群の商品。

お湯を加えて30秒混ぜるだけで裏ごし野菜があっと言う間に完成しちゃうんです。

じゃがいも以外の野菜のフレークも。

フレーク1-horz

 

 

参考 オイシックスは離乳食レシピに最適☆ベジキューブなどおすすめ食材をドドーンと紹介!

 

パルシステムのうらごし野菜シリーズ

関東圏にお住まいの方ならパルシステムで販売している「うらごし野菜・じゃがいも」がおすすめ。

じゃがいもは、北海道の産直産地「大牧農場」で9~10月に収穫された「北海こがね」を使用

塩や砂糖などを加えず、皮をむいてゆでて裏ごしした状態で凍らせてあります。

ひとつ約20gの丸い形になっているから、必要な分だけ取り出して使えて便利♪

パルシステムはこの他にも離乳食に使える食材がたくさん!

関東圏にお住まいの方はぜひお試ししてみてくださいね。

 

 

参考生協系パルシステムの裏ごし・キューブ野菜で離乳食が格段に時短できる!

 

離乳食が進んでいくとスーパーで売っていない食材が出てきて困る・・・

 

下記の食材も食材宅配では扱っているので、近くのスーパーに売ってない時には是非利用してみては?

 

参考離乳食中の赤ちゃんに本当におすすめの食材宅配比較とランキング

 



離乳食 じゃがいもを使ったレシピ・献立

あっさりとしたやさしい味わいと食べやすさで、離乳食初期から大活躍のじゃがいも。

色々なレシピを試してあげたいですよね。

時期別におすすめのじゃがいもを使った離乳食のレシピをご紹介します。

 

離乳食初期(5.6ヶ月頃):じゃがいもを使ったレシピ・メニュー

初めて食べさせてあげる時は、じゃがいもを加熱して裏ごししたものを小さじ1からスタートしました。

慣れてきたら、他の食材と合わせたメニューもおすすめですよ。

離乳食21日に作ったにんじんとじゃがいものミルクスープ。

赤ちゃんの大好きなミルクと合わせることで食べやすくなりますね。

にんじんとじゃがいものミルクスープ

 

じゃがいもとにんじんのお粥。

10倍粥に乗せれば、味に変化を付けてあげれます。

離乳食22日目じゃがいもとにんじんのお粥

じゃがいもとにんじんのお粥

 

加熱することで甘みの増したりんごとじゃがいもを合わせて、ちょっぴり酸味の気になるヨーグルトも食べやすく♪

離乳食48日2回目りんごとじゃがいものヨーグルトかけ

りんごとじゃがいものヨーグルトかけ

 

離乳食中期(7.8ヶ月頃):じゃがいもを使ったメニュー・レシピ

じゃがいもと青のりとあえるだけのお手軽レシピはいかがですか?

離乳食75日1回目青のりポテト

青のりポテト

 

ホワイトソースをすり潰したじゃがいもに掛けたレシピ。

ホワイトソースは、手作りして冷凍保存しておけば便利ですね。

離乳食96日1回目ポテトグラタン

ポテトグラタン

 

ポソポソしがちなブロッコリーもじゃがいもとバナナを一緒に和えれば、とろみがあって食べやすいですね。

ブロッコリーとじゃがいもとバナナの和え物

 

離乳食後期(9~11ヶ月):じゃがいもを使ったレシピ

食べやすいサイズの角切りにしたじゃがいもをだし汁でお豆腐や他のお野菜と和えました。

離乳食138日3回目角切り野菜の和え物

角切り野菜の和え物

 

油で揚げずにオーブントースターでできちゃうささみのひき肉を使ったコロッケ。

手づかみ食べメニューにもおすすめ♪

離乳食143日2回目じゃがいもの焼きコロッケ

じゃがいもの焼きコロッケ

 

じゃがいもをすりおろして作るおやき。

豆腐にしらす、かつお節、青のりと栄養たっぷり♪

離乳食140日3回目豆腐としらすのおやき

豆腐としらすのお焼き

 

その他のじゃがいもを使ったレシピ>>ももオリジナルじゃがいもレシピ

 



まとめ

離乳食じゃがいも

今日はじゃがいもを離乳食に使える時期、じゃがいもの選び方、時期別の大きさ、一回に食べさせる量、じゃがいもの調理法、じゃがいもを使った離乳食レシピをご紹介しました。

じゃがいもはくせのない味なのでどんな食材とも合わせやすいところが魅力。

裏ごしも他のお野菜に比べれば随分ラクですし、こちらのレシピを参考に色々なじゃがいもメニューを作ってみて下さいね。

 

【画像付オリジナルレシピ】離乳食初期1~30日目の1ヶ月分献立紹介

離乳食本を見てものすごーーーーく思っていたのは、 離乳食の毎日の献立が全部載った本ってないのかな? ということ。 食材ごとに数品掲載されていたり、1週間分掲載されているものはあっても離乳食が終わるまで ...

離乳食初期はペーストが便利!レンジ調理&冷凍できるかぼちゃのレシピ

10倍粥だけを与えて5日。 特に問題がなかったので今日は初めてのビタミン類から「かぼちゃ」を選んでみました。 なぜかぼちゃを選んだのかと言うと、 ・甘くて食べやそう ・黄色がきれい   とい ...

授乳中栄養素
授乳中の栄養素は葉酸よりも鉄分とビタミンD・K!おすすめ母乳サプリランキング

赤ちゃんの栄養はお母さんの母乳から届くって聞いてはいても、 実際は自分のご飯なんて食べる暇全くなかった記憶が(笑) 栄養って言われても結局何を食べれば良いのかあんまり分かってない。   画像 ...

ごはんやじゃがいもを入れて作る離乳食「おやき」は冷凍できて便利!

離乳食をスタートするまで「おやき」の存在は知っていたものの食べたことがありませんでした。 離乳食本には結構な率で「○○おやき」といった名前でレシピが載っているので、赤ちゃんにとってはとても食べやすいも ...

 

ももオリジナル画像付き1カ月の離乳食レシピ

大好評をいただいている毎日の献立表です。
1週間に必要な食材も掲載しているので、これだけ見ればOK!

初期中期後期

icon-arrow-right 1日目~30日目

icon-arrow-right 31日目~44日目

icon-arrow-right 45日目~60日目

icon-arrow-right 61日目~74日目

icon-arrow-right 75日目~88日目

icon-arrow-right 89日目~102日目

icon-arrow-right 103日目~116日目

icon-arrow-right 117日目~130日目

icon-arrow-right 131日目~144日目

icon-arrow-right 145日目~151日目

icon-arrow-right 152日目~158日目

離乳食食材別の食べさせ方・注意点

食材の食べさせ方、1回の量、冷凍・解凍方法など注意点が見たい方はこちら

米・パン・シリアル
淡色野菜・きのこ類

 

離乳食食材別・時期別レシピ一覧

食材別・時期別のレシピ集です。

 

 

 

ピックアップ

当サイトでよく読まれている記事をご紹介。

OKNG食材

赤ちゃんの時期別注意事項

離乳食初期まとめ

離乳食中期まとめ

離乳食後期まとめ

 

離乳食お役立ちグッズ

離乳食食器

 

産後のママのこと・赤ちゃんのこと

 

 

 

この記事を読んだママはこちらもチェックしています

ラインフラッグ



-離乳食, 離乳食初期(5.6ヶ月頃)
-

Copyright© 毎日の離乳食レシピ・今すぐ使える食材宅配~年子母ちゃんの育児日記~ , 2018 All Rights Reserved.