離乳食 離乳食初期(5.6ヶ月頃)

すりおろしりんごで離乳食初期からOK!りんごの冷凍法&24日目レシピ公開

投稿日:2015年8月27日 更新日:

りんご

今日の初食材は「りんご」。初果物です!

果物は早くあげたくてうずうずしていました。

赤ちゃんは良い言葉で言うと「食べ物本来の味」を満喫していると思うのですが、大人の私からすると何だか物足りないなと思っていました。

調味料を使わなくても甘酸っぱさを感じられる果物を知った時の表情がとっても気になって。

私は「果物は生で食べる」と思っていたのですが、離乳食の場合はどうも違うようです。

今日はりんごについて記事にしていこうと思います。

 

 

 

スポンサーリンク


りんごを与えるのはいつから?

りんごは離乳食初期から与えて大丈夫な食材です。

りんごにはたくさんの品種があると思いますが、離乳食に適しているのは「紅玉」です。

 初期中期後期完了期
りんご ○ ○ ○ ○

※りんごはアレルギーの可能性がある果物です。食べさせる時には赤ちゃんの様子をみてゆっくりと与えていきましょう。


りんごの調理法

離乳食初期の場合りんごはすりおろしてから調理するのがラクちんです!

中期、後期になると食べやすい大きさに刻んであげましょう。

離乳食初期は加熱して食べさせよう!

変色しやすいのですり下ろしたらすぐに加熱しよう!

 

離乳食の食材は加熱するのが必須なのは分かっていましたが、まさか果物までとは思っていませんでした。

ただ、りんごの場合は加熱することで甘味+やわらかさが増すので赤ちゃんにとっては食べやすくなりますよ!

先ほど離乳食に適しているりんごは「紅玉」と書いたと思いますが、その理由が加熱です。

紅玉は加熱しても荷崩れしにくいためにスイーツなどに使われているりんご。

スーパーでどのりんごが良いかな?と悩んだ時には紅玉を選んでみてください。

ただ、他のりんごに比べると甘酸っぱいのも特徴になります。

酸っぱいのが苦手な赤ちゃんには甘い「ふじ」や「つがる」など糖度の高いものを選んであげると良いかも♪

 

すりおろした後に、小さじ1の水と一緒に耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをしてから電子レンジで10~20秒程加熱すると良いでしょう。

舌触りを気にする赤ちゃんにはさらにここですり潰すのがいいかもしれません。

ハンドブレンダーがあればすり下ろし後のすり潰しもなくラクにできちゃいます。

(>離乳食作りにミキサー&ブレンダーは必要?人気おすすめ商品をご紹介

 

りんごは変色しやすいですが、変色防止のために塩水やレモン汁につけると塩辛さや酸味が強すぎるため使わないようにしましょう。

 

スポンサーリンク


りんごは冷凍できる?

りんごは冷凍保存可能な食材です。

初期の頃はすりおろし、中期以降は小さ目に切ったあと加熱するのがポイント。

製氷皿に入れ、凍ったらフリーザーパックで保存するのが楽ちんです。

 

食材宅配を頼むと便利!

野菜はもちろん、果物も新鮮なものを配達してくれる食材宅配。

関東圏にお住まいの方は・・・パルシステム公式サイトを見てみる

その他の地域にお住まいの方は・・・オイシックス公式サイトを見てみる

 

を利用して、赤ちゃんに安心して食べられる食材を食べさせてあげましょう。

 

離乳食が進んでいくと以下のようにスーパーで見つけにくい食材が出てきて困ることも。

 

これらも食材宅配では扱っているので、近くのスーパーに売ってない時には是非利用してみては?

 

スポンサーリンク


離乳食24.25日目献立

それではりんごを使った離乳食の献立をご紹介します。

離乳食24日目 すりおろしりんごとじゃがいもミルク粥

rinyu24

じゃがいもミルク粥にんじん乗せ

 

10倍粥(小さじ4)・じゃがいもマッシュ(小さじ1)・粉ミルク(5cc)・にんじん裏ごし(小さじ1)

1.10倍粥を作る

2.じゃがいもマッシュ、にんじんの裏ごしを用意する

3.じゃがいもマッシュにミルクを入れ、伸ばした後にお粥と混ぜる

4.お粥の上ににんじんの裏ごしを乗せる

ラインレシピ用2

ラインレシピ用2

 

ほうれん草とさつまいものトロトロスープ

 

ほうれん草(小さじ0.5)・さつまいも(小さじ1)・にんじんの茹で汁(小さじ2)・水溶き片栗粉(少量)

1.鍋ににんじんの茹で汁を入れる

2.ほうれん草とさつまいもを茹でて裏ごしする

3.1に2を入れ沸騰したら水溶き片栗粉を入れてとろみをつける

少量だと作りにくいので多めに作って冷凍すると便利!

 

ラインレシピ用2

ラインレシピ用2

 

すりおろしりんご

(小さじ1)

ラインレシピ用2

 

スポンサーリンク


離乳食25日目 アップルポテトと10倍粥のにんじんあんかけ

rinyu25

10倍粥のにんじんあんかけ乗っけ

 

10倍粥(小さじ4)・にんじん裏ごし(小さじ1)・昆布だし(大さじ1)・水溶き片栗粉(少量)

1.10倍粥を作る

2.にんじんの裏ごしを作る

3.鍋に昆布だしと2を入れ沸騰したら水溶き片栗粉を入れる

ラインレシピ用2

ラインレシピ用2

 

ほうれん草とさつまいものトロトロスープ

 

ほうれん草(小さじ0.5)・さつまいも(小さじ1)・にんじんの茹で汁(小さじ2)・水溶き片栗粉(少量)

作り方は上記をご覧ください。

ラインレシピ用2

 

アップルポテト

 

りんご(小さじ1)・じゃがいもマッシュ(小さじ1)

1.すりおろしたりんごを電子レンジで10~20秒加熱する(冷凍の場合は解凍する)

2.じゃがいもはすり潰す(冷凍の場合は解凍する)

3.1と2を合わせる

ラインレシピ用2

ラインレシピ用2

 

離乳食24~25日目、りんごを使った離乳食の振り返り

本にはりんごは素早くすりおろして加熱すると茶色くならないと書かれていたので自分なりの精一杯の素早さで電子レンジに入れてチン♪したのですが、

まっ茶色!!!

 

早く生で食べさせてあげたいと強く思いました。

息子の様子はと言いますと、ほうれん草やかぼちゃの食いつきとは全く違い予想通りパクパクと食べてくれました。

りんごは栄養豊富な果物ですし、たくさん食べてくれると嬉しいですね。

3日様子を見ながら新しい食材を与えるのが離乳食の基本ですが、1日間隔だったり2日間隔だったりしています。

日曜日はお粥や昆布だし、にんじんやじゃがいも等すでに食べている食材を裏ごし→冷凍作業。

2日に一度は新しい食材を裏ごし→冷凍作業。

1週間で食べきることを考えるとこうなりますよね。離乳食作り、思った以上に根気がいる作業です。

 

スポンサーリンク


りんごを使った離乳食レシピ

最後にりんごを使った離乳食レシピをご紹介します。

アップルパンプキン
アップルパンプキン26

これは息子が当時苦手だったかぼちゃとりんごを和えたもの(何でこんな名前にしたのか当時の自分に聞いてみたい)

その他に、

アップルおさつ
アップルおさつ2

りんごとさつまいもを和えたもの

アップルきゃべつ
アップルキャベツ

りんごとキャベツを和えたもの

アップルバナナ
アップルバナナ

りんごとバナナを和えたもの

りんごヨーグルト
りんごヨーグルト

りんごとヨーグルトを和えたもの

にんじんと果物のカッテージチーズ
にんじんと果物のカッテージチーズ

にんじん、みかん、りんごとカッテージチーズを和えたもの

りんごを出す日はこんな風に野菜や乳製品と混ぜて出すことが多かったです。

苦手な野菜もりんごと和えると食べてくれるので食いつきが悪いと、「明日はりんごと一緒に出してみよう」と考えて出していました。

果物を好きになってくれると色々お料理の幅も広がりますし、りんごの場合は「1日1個のリンゴで医者いらず」と言われる程バランスよく栄養が入っているので赤ちゃんにも好きになって欲しいですね。

スポンサーリンク


この記事を読んだママはこちらもチェックしています

ラインフラッグ



-離乳食, 離乳食初期(5.6ヶ月頃)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 年子母ちゃんの育児日記~毎日の離乳食~ , 2018 All Rights Reserved.