離乳食 離乳食中期(7.8ヶ月頃)

離乳食には鉄分豊富な青のりがおすすめ!中期レシピと加熱、保存法・市販品

投稿日:2015年10月15日 更新日:

離乳食青のり

 

今日の離乳食初めて食材は「青のり」です。

我が家で青のりと言えば、お好み焼きと磯部揚げを作る時位しか使わず、買っても全然減らずに気が付いたら賞味期限が過ぎちゃってた・・・ということがしばしば。

離乳食に使える青のりは、このサブ的なイメージが変わっちゃうかも!?

実は、青のりは風味やいろどりだけじゃなく、赤ちゃんに必要な栄養素を手軽に摂れる便利な食材なんです。

もも姉
赤ちゃんに不足する栄養素って何だろう?青のりで摂れるなら嬉しい!
すぐに使い切らないから、上手な保存の仕方が知りたい。
マリ

 

今日は離乳食におすすめの青のりを使うときのポイントやおすすめの保存方法、実際に管理人ももが作った青のりを使った離乳食レシピをご紹介していきます。

 

離乳食で青のりを食べさせるのはいつから?

青のりは、離乳食中期(7ヶ月頃)から食べさせられる食材。

青のりは、鉄分、カルシウム、ビタミンB12、カロテンなどの栄養がたっぷり。

特に離乳食後期(9ヶ月頃~)になると、お母さんのお腹の中で蓄えていた鉄分がほとんど無くなり、鉄分不足から貧血になってしまうことも。

青のりや海苔などの海藻類は、レバーなどより手軽に鉄分を摂ることができると、最近注目されている食材でもあるんです。

 

もも
鉄分が必要な離乳食後期に、青のりはおすすめ!
 初期中期後期完了期
青海苔×
焼き海苔×
味付け海苔×××
わかめ×
ひじき×

 

参考授乳中のママはしっかり鉄分を摂ろう「授乳中に必要な栄養素」一覧


青のりにアレルギーはある?

青のりは、国が定めているアレルギー品目に該当しませんが、まれにアレルギーが出る可能性があります。

初めて食べる時は平日の午前中にし、赤ちゃんの様子を見ながらゆっくりと慣れさせてあげる様にしたいですね。

 

参考【離乳食初期・中期・後期・完了期】食べていいもの悪いもの食材早見表(アレルギー表示有)

 

スポンサーリンク


あおさと青のりは違うの?

マリ
青のりとあおさって、言い方が違うだけで同じもの?
実は青のりとあおさは、別物なの。
もも

 

一見同じように見える青のりとあおさは、違うものって知っていましたか?

パッケージ裏の原材料名でチェックすることができますよ。

その違いはというと、

青のり

離乳食青のり

・鉄分、カルシウム、ビタミンB12、カロテンなどの栄養が豊富

・糸状の海藻で加工すると粉状

・磯の香りが良い

・高級品

 

スポンサーリンク


あおさ

離乳食あおさ

・ミネラルが豊富ですが、鉄分・カロテン・ビタミン12は青のりの方が豊富

・葉っぱ状で、加工するとフレーク状

・青のりより香りが劣る

・価格も手ごろ

 

もも
赤ちゃんにおすすめの栄養がたっぷりで、香りの良い青のりは、離乳食におすすめ♪

 

離乳食で青のりを1回に食べさせる量

栄養たっぷりの青のりは、離乳食でも使ってあげたい食材。

ただ、

もも
食物繊維たっぷりで消化しにくい食材でもある!!

離乳食の時期は、風味づけに使うなど少量ずつ使う様にしましょう。

 

 

スポンサーリンク


離乳食の青のりは冷凍保存がおすすめ

冷蔵庫

もも
青のりの美味しい状態をキープするなら、冷凍保存が1番おすすめ♪
冷凍庫に入れてカチカチにならないの???
マリ

 

乾物はもともと水分が少ないので、青のりを冷凍しても固まらずサラサラ状態のままなんです。

湿気たり風味が落ちるのを防ぐのに冷凍保存は、最適。

保存して少量ずつ使う青のりを、安心して美味しく食べさせてあげるためのちょっとした工夫ですね。

 

 

離乳食の青のりはそのまま食べさせる?加熱は必要?

栄養たっぷりで、細かくする手間も無く便利な青のりですが、離乳食で使う上で注意したいポイントも。

もも

・気管に入る可能性があるので、お粥などと混ぜて食べさせよう!

・心配な場合は、加熱してから食べさせてあげると安心。

 

きなこを食材にしたときも同じように書いたと思いますが、青のりも気管に入ってむせてしまうことも

そのままではなく、お粥や豆腐と混ぜたりおやきにしたりして食べさせてあげましょう。

また、加熱殺菌済みのものは、加熱しなくてもそのまま離乳食に使ってOK。

ただ、加熱殺菌されていないものや生のもの、どっちか分からない・・・と言う場合は、加熱後に使うと安心ですね。

 

参考栄養抜群のきなこは離乳食初期からOK!レシピと保存法

 

スポンサーリンク


赤ちゃんにおすすめの青のりメーカー・選び方

鉄分やカルシウムなど赤ちゃんにおすすめな栄養を手軽に摂れる青のり。

離乳食で使う時は、原材料が青のりだけのものを選んであげるのがおすすめ。

そこで少量使いの離乳食に便利な青のりが、三島食品から販売されている「青のり」の小分けセット。

三島食品 青のり 1.4g×10個

一袋が1.4gと少量サイズだから、できるだけ長期保管せず赤ちゃんには新しいものを使ってあげたい・・・というママに。

徳島県吉野川産をはじめとした国産すじ青のりを使用。

 

離乳食 青のりを使った離乳食のレシピ・献立

それでは、栄養たっぷりの青のりを使った離乳食のレシピをご紹介します。

もも
お粥に青のりを乗せるだけで栄養UP♪

離乳食70日1回目青のり粥青のり粥

 

もも
トマトとささみに青のりも加えて、お粥と混ぜながら食べさせてあげて♪

離乳食71日1回目トマトとささみの青のり粥トマトとささみの青のり粥

 

もも
手づかみ食べにもおすすめ♪

青のりはもちろん、豆腐・しらす・じゃがいも・かつお節も入って栄養バッチリのおやきのレシピです。

離乳食140日3回目豆腐としらすのおやき

豆腐としらすのおやき

 

もも
青のりときな粉をじゃがいものマッシュ団子にまぶせば出来上がり♪

マッシュポテトの2色団子

 

その他青のりを使ったレシピ>>ももオリジナル青のりレシピ

 

まとめ

離乳食青のり

 

今日は、青のりを離乳食に使える時期、青のりを離乳食で使う時のポイント、おすすめの青のりを使った離乳食レシピなどをご紹介しました。

青のりは、お粥はもちろん卵や豆腐と混ぜたり、おやきにしたりとサッと加えるだけで風味も栄養もUPしてくれる便利食材。

今までお好み焼きの時くらいしか出番が無かったわ~なんてママも、女性にうれしい鉄分が豊富な青のりを眠らせておくのはもったいない!

冷凍保存OKな青のりを使って、色んな離乳食に挑戦してみて下さいね。

 

 

離乳食「のり」はいつから?レンジで簡単佃煮とおにぎりレシピ・冷凍法

今日の離乳食初めて食材は「焼海苔」。 離乳食中期に「青のり」を使いましたが、今回は「焼き海苔」です。 関西圏に住んでいる私にとって「焼き海苔」はあまり食卓に出る機会がなく、おにぎりも最後に味付け海苔を ...

続きを見る

栄養抜群のきなこは離乳食初期からOK!51日レシピと保存法

今日の初食材はくずもちの上にかかっている「きなこ」です。きな粉・・・我が家ではあんまり食卓に登場する機会のない食材です。 離乳食初期は特に食べられるタンパク質がとても少ないのですが、その中に「きなこ」 ...

続きを見る

食材宅配比較ランキング
【食材宅配比較ランキング】離乳食役立ち・有機野菜・キットでママにおすすめはこれ!

食材宅配は、赤ちゃんがいて外に買い物に行けないママにとってはとっても便利☆ でも、食材宅配のイメージって・・・   そこで今日は、赤ちゃんの離乳食に使える便利すぎる離乳食食材の紹介はもちろん ...

続きを見る

離乳食献立61日~74日目
離乳食中期(7ヶ月頃)毎日の献立・レシピを画像付で紹介【61~74日目】

  離乳食作りも2ヶ月が過ぎ、少しペースもつかめてきたママも多い頃ではないでしょうか? こんな風に思うママもいるのでは? 6ヶ月から7ヶ月になった途端急に固いものを食べさせても「ベー」と出し ...

続きを見る

 




この記事を読んだママはこちらもチェックしています

ラインフラッグ



-離乳食, 離乳食中期(7.8ヶ月頃)
-

Copyright© 毎日の離乳食レシピ・今すぐ使える食材宅配~年子母ちゃんの育児日記~ , 2018 All Rights Reserved.