離乳食 離乳食初期(5.6ヶ月頃) 離乳食中期(7.8ヶ月頃) 離乳食後期(9~12ヶ月頃)

初期からOK!無添加ベビーフードと和光堂、キューピーのおすすめ紹介

投稿日:2015年8月7日 更新日:

ベビーフード

 

もも姉
ベビーフードって何となく「手抜き」ってイメージがあって引け目に感じるというか・・・
安全な物を食べさせたいけど、無添加のベビーフードはあるのかな?
マリ

今まで手作りで離乳食を作ってきたママにとって、ベビーフードを使うことってちょっぴり勇気がいりませんか?

でも、今のベビーフードって赤ちゃんの栄養はもちろん、無添加有機野菜など安全の面でもしっかり考えられているんです。

ベビーフードで食材の固さや量を知ることも出来ますし、旅行や帰省などでは手作りのものよりも衛生的で安全。

今日は離乳食初期から食べられる今ママに人気の「無添加」「有機野菜」のベビーフードを始め、老舗メーカーのベビーフードのご紹介をしていきます。

きっとベビーフードの見方が変わると思いますよ☆

 

今ベビーフードで人気なのは無添加・有機野菜シリーズは離乳食初期からOK

赤ちゃんには安全なものを食べさせたい!!
マリ

どんなママでも思うことですよね。

我が家の子どもたちが赤ちゃんの頃には無添加、無農薬、有機野菜、放射能検査・・・などがしっかり行われているベビーフードはまだ少なかったと思いますが、今は数も増えてきました。

まずは、今人気、おすすめの「無添加・有機野菜」ベビーフードをご紹介します。

もも
次にご紹介する老舗ベビーフードメーカーと比べると離乳食初期から食べられるものが多いのがポイント☆

 


安心、安全なベビーフード「有機まるごとシリーズ」

今まで手作り離乳食を作っているママにとってはベビーフードを食べさせるのに抵抗がある方がいるかもしれません。

でも「味を変える」ことで意外に離乳食を急に食べてくれるようになった!!という声も多いんですよ♪

今人気なのが有機まるごとシリーズの離乳食。

これはオイシックスの画像ですが、国産素材だけを使った原料にこだわったベビーフードなんですよ☆

ベビーフードではありませんが、ママの離乳食作りに役立つ北海道産のとうもろこしをフレークにしたもの。

お湯で溶かすだけで裏ごしが作れちゃいます。

 

また、お粥もお湯を入れるだけで出来るタイプも

 

オイシックス公式サイトへ

 

 

スポンサーリンク


オーガニック野菜の「manma」

マリ
何このおしゃれ離乳食は!?

年子母ちゃんの育児日記内で人気のハガブーを始め、たくさんの商品を紹介させていただいているベビー用品のクーナさんで取り扱っているベビーフードはおしゃれだけじゃない!

manmaは滋賀県産の有機野菜を使い添加物不使用、素材の味を思う存分活かしたベビーフードになっています。

月齢に合わせて固さや食材の大きさを変えてくれているのでママも選びやすいですね☆

 

manmaをチェック

 

 

 出汁までこだわった「Baby Orgentベビーフード」

 

Baby Orgenteは専属農家が作った有機、無農薬の野菜を使ったベビーフード。

お出汁にもこだわって作られているんですよ♪

パッケージが飲むゼリーのような容器なので不思議だったのですが、食べたい時にそのままスプーンに入れられるように考えられたもの。

一つ一つ手作りのベビーフードは、売り切れも多いので要チェックです!

 

  Baby Orgent オーガニックベビーフード

 

 

スポンサーリンク


赤ちゃんのためのお粥「Green Mind」

Green Mindから販売されている離乳食はなんと「お粥」だけ!!

このお粥へのこだわりがすごいんです。

兵庫県産のコシヒカリを使い、添加物は一切使わず「米」と「水」だけで仕上げました。

また、月齢によって固さや大きさが違うのも嬉しいですね♪

離乳食で一番食べさせる「お粥」。

もも姉
最近お粥を食べてくれない・・・

と悩んでいるママは無農薬の美味しいお米で作ったお粥をぜひお試しください☆

 

アマゾン価格をチェック

 

 

老舗メーカーおすすめベビーフード

キユーピー、和光堂、森永など老舗のベビーフードはスーパーやドラッグストアなどで手軽に買えて便利♪

次は老舗ベビーフードの中でも使い勝手が便利なものをご紹介。

 

 

スポンサーリンク


キユーピー瓶タイプは離乳食初期からOK!

 

瓶タイプと言えばキユーピー!

アレルギー特定原材料7品目が不使用でアレルギーを持っている赤ちゃんにも安心してあげられるものが多くてママも安心♪

 

 

 

マリ
瓶だと持ち運びにちょっぴり不便。割れるかもしれないし。

持ち運びに便利なのはカップに入った「すまいるカップ」。

カップのままレンジOK、もちろんそのまま食べさせる事も可能!

お出かけが増える9ヶ月頃からのものが揃っています。

 

 

 

安くても栄養たっぷり!レトルトタイプ♪

種類の多さで言うと、レトルトタイプ!

価格も安く手軽なので人気。

 

スポンサーリンク


離乳食初期から使えるキユーピー ハッピーレシピ

キユーピーのレトルトパウチタイプは「ハッピーレシピ」。

5ヶ月から使えるハッピーレシピは、月齢に合わせた量、固さにしてくれています。

 

 種類の多さNO.1 和光堂「グーグーキッチン」

和光堂のレトルトパウチタイプは種類の多さでNO.1。

 

7ヶ月頃から使えるグーグーキッチンは食材の大きさ、固さにこだわったものや、1袋で1食分の野菜が摂れるものなど種類豊富。

離乳食初期から食べさせられるにんじんは7段階に分かれています。

もも姉
離乳食の固さに悩んでいる時にも参考になるね!

ピジョン「管理栄養士さんのおいしいレシピ

赤ちゃん用品で有名なピジョンからも離乳食の販売があります。

 

栄養学博士、管理栄養士の監修で作られた「管理栄養士さんのおいしいレシピ」シリーズはママが離乳食を作るのに大変な

・レバー

・魚

などを食べやすく調子してくれています。

 

量が足りない赤ちゃんには森永「大満足ごはん」

森永の「大満足ごはん」シリーズはくまのがっこうが目印。

たくさん離乳食を食べてくれる赤ちゃんにとって、ベビーフードの量が物足りないことも。

そんな時におすすめなのが森永の「大満足ごはん」シリーズ。

今まで80gだったものが120gに増量

また、1日分の鉄、カルシウムも配合してくれているのでこれだけで量も栄養面もOK!

 

 

1歳からのごはんにかけて食べるグリコの「1歳からの幼児食」

グリコアイクレオから販売しているのは1歳からの幼児食シリーズ。

 

名前の通り1歳以降の離乳食・幼児食を扱っています。

1歳になると離乳食は大人からの取り分けや味がついたものを食べさせるようになりますが目安になるのも良いですね。

野菜10種類に加え、カルシウム、鉄も含まれているので栄養面でも安心。

 

 

 

お出かけに便利☆2種類入ってお得なランチタイプ♪

もも
お出かけの時に離乳食を食べさせたいけど基本1品だよね・・・

そんな時におすすめなのがランチタイプの離乳食。

 

 和光堂「栄養マルシェ」

和光堂から販売されている栄養マルシェ。

この中に

・やわらか鶏のおかゆ

・白身魚と野菜の洋風煮込み

の2種類のおかずが入っているので、外出先などではこれだけ持って行けばOK。

 

 

キユーピー「にこにこボックス」

同じくキユーピーからもお出かけ用の2食パックが販売されています。

これは

・親子うどん

・大豆とひじきの煮物

の2品。手作りではなかなか大豆とひじきの煮物って作らないと思うのでここぞとばかり日頃作らないようなメニューを選んでください!

 

 

これは余談で、もしかしたら私だけかもしれないんですが、和光堂の栄養マルシェを買って公園で食べさせようと思ったんです。

もも
そうしたら・・・中身が同じ!!!!

絶対和光堂が間違えたんだーーーと思ってですね(いつでも人のせいなので)、よーーーく見ると・・・

「しらすの雑炊×2と思いっきり書いてました。

見た目は似ているけど、1種類しかないものもあるので買うときには注意してください!

(...和光堂さん疑ってすみません!!)

※皆さんは大丈夫かと思いますが、一応お伝えさせてください(笑)

 

 

ベビーフードの魅力

ベビーフードってどんなものなのか、ベビーフードがどんな時に使えるのか少しおさらいしてみましょう。

ベビーフードの歴史がすごい!

母業6ヶ月で初めて作る離乳食。不安いっぱいで四苦八苦しますよね。
ベビーフードを作っている和光堂は昭和12年にベビーフードを発売していますし、キユーピーも昭和35年からの発売だそうで、ベビーフード歴では大先輩!!

和光堂HPによると、アメリカではさらに10年程前にベビーフードが誕生したそうです。

発案者の奥様がパーティーに出かけなければいけないのに離乳食作りに精を出していたことからベビーフードを作ろうと思ったそう。

それに対し、和光堂がベビーフードを作った理由は

栄養のある衛生的な食べ物を提供するため

当時の日本の状況を何とかしたいという思いから生まれた日本初のベビーフードはアメリカのそれとは少し違った形での登場になったのですね。

当たり前ですが、発売以降改良に改良を重ねて今の赤ちゃんに一番あったメニューを開発してくれています。

 

ベビーフードは固さや大きさの目安になる!

離乳食本を読むと書いてあるのが固さの目安。

ゴックンできる固さとか舌でつぶせる固さとか、絹ごし豆腐位の固さとか・・・

どれくらいだよ!!と思ってしまうことありますよね。

これはmanmaの月齢別のベビーフードの固さです。

また、量を計って食べさせてはいるけどこの量で本当に良いのかしら?なんて不安もあります。

そんな時にベビーフードで月齢に合った物を試してみるのはおすすめ!!

私が初めてベビーフードを試した時の感想

もも

こんなに固いの??

こんなに量あるの??

でした。

 

ベビーフードを食べさせると離乳食を食べてくれない!?

ママが頑張って作った離乳食、最初は食べてくれたのに最近全然食べてくれない・・・

そんな時には味を変える方法でベビーフードを試してみるのがおすすめ。

もも姉
でもベビーフードに慣れてしまうといつもの離乳食を嫌がるって聞くし

これベビーフードあるあるかも?(笑)

毎日毎日ベビーフードだけを食べさせ続けた場合、味が違う離乳食を食べさせると嫌がるかもしれませんが、離乳食の合間にベビーフードを食べさせて離乳食を嫌がったことは少なくとも我が家の子どもたちはありません。

姉の3人の子どもたちもないですし、友人Mさん、その他のママ友に聞いてみても聞きませんでした。

その点は安心して大丈夫かと思いますよ☆

 

調理が難しい食材を食べさせることができる

もも
レバーはどうしても調理できない!!

レバーやお魚の調理が苦手なママはぜひベビーフードに注目してみてください。

意外にもレバーを使ったベビーフードが多いんですよ☆

その他、自分ではあまり作らない凝った献立が多いのもベビーフードの魅力です!

 

ベビーフードの利用は外出や帰省時だけじゃない!!

今日は人気・老舗のベビーフードをご紹介しました。

私がベビーフードを使ってみて思ったことは

もも
ベビーフードを作っている会社は「ママ」のこともしっかりと考えてくれているんだということ

 

例えばキユーピーのレトルトパウチの場合、パッケージに工夫がされています。

キユーピー
引用元:キユーピー

手作りする場合の参考情報が書かれているんです。

もも
いや、キユーピーさん、あなた手作りレシピ教えたら買ってもらえないじゃないか!!

と思ってしまいました。

その優しさに勝手にジーーンとしてしまい買うことになるのですが(笑)

離乳食を開始したママは毎日の献立に悩むこともありますし、赤ちゃんが食べてくれなくてイライラすることもありますよね。

またお盆やお正月などの長いお休みの時には作り置き離乳食を持ち歩くよりもどこでも手軽に購入できるベビーフードの存在があるだけで気持ちも随分楽になると思います。

手作り離乳食を食べてくれないなど悩んだ時はベビーフードを与えてみる等、手作り離乳食とベビーフードを上手に使っていきましょう♪

 

 

オイシックスは離乳食レシピに最適☆ベジキューブなどおすすめ食材をドドーンと紹介!

 icon-arrow-circle-right オイシックス公式サイトへ 食材宅配を使ったことがない方にとって、食材宅配の魅力って「家にいても食材を持ってきてもらえる」という点が一番大きいと思っちゃ ...

続きを見る

1ヶ月分の写真付き!離乳食初期のメニュー、献立表【1~30日目】

離乳食本を見てものすごーーーーく思っていたのは、 ということ。 食材ごとに数品掲載されていたり、1週間分掲載されているものはあっても離乳食が終わるまでの毎日の献立・レシピが載っている本は当時なかったん ...

続きを見る

ママサポートサプリイズミ
授乳中も飲める母乳サプリイズミの口コミ!産後の疲れ、イライラ、ダイエットにおすすめ

ママサポートサプリイズミを実際に飲んでみた素直なレビュー、口コミをご紹介していきます。 実はizumiは新しい商品で口コミが少ないんです。 なので、実際に私、姉、友人にも飲んでもらい素直な感想をレビュ ...

続きを見る

2018年春におすすめ授乳服☆安くておしゃれなショップを紹介

  ママになってもおしゃれを楽しみたい!! 授乳中のママは正直、ファッションへのこだわりがちょっぴり低くなっていませんか? 一時期だけのものだからお金をなるべくかけたくないし、買い物に行って ...

続きを見る

 

 




この記事を読んだママはこちらもチェックしています

ラインフラッグ



-離乳食, 離乳食初期(5.6ヶ月頃), 離乳食中期(7.8ヶ月頃), 離乳食後期(9~12ヶ月頃)
-

Copyright© 年子母ちゃんの育児日記~毎日の離乳食献立・レシピ~ , 2018 All Rights Reserved.