抱っこひも 育児雑貨

ママ人気NO.1の抱っこ紐はおんぶができるエルゴ!インサートをつければ新生児からOK

投稿日:2015年9月2日 更新日:

8817710442_0e52bca9ca

前回はベビービョルンのことを記事にしました。
(>ベビービョルンの抱っこ紐は新生児からOK!人気の秘密と使い方を教えちゃいます

 

新生児から使えること、取り付けが簡単なこと、何より我が子が泣いていても泣き止み、すっと寝てくれることを書きました。

こんなに便利なベビービョルンですが、当時オリジナルという商品を購入した私は(まだウェストベルトがついたタイプは発売されていませんでした)ベビービョルンに限界が来たことを感じました。

今日はベビービョルンの次に買った抱っこ紐、エルゴベビーの紹介をしていきます。

エルゴベビーは抱っこ紐人気NO.1と言うけれど・・・

ママ達に絶大の人気があるエルゴベビー。デザインも豊富でおしゃれママにはピッタリ!

実は、「右肘あげて手首クイっ!!」状態に限界を感じ、色々調べているうちにたどりついたのが、ベビービョルンとこちらのエルゴベビーでした。

ではなぜエルゴベビーではなくベビービョルンにしたのか?まずはその辺りの説明をしていきます。

▽▽▽▽この記事も読まれています▽▽▽▽

使用は月齢4ヶ月から

ベビービョルンが新生児から使用可能だったことに対し、エルゴベビーは使用時期が月齢4ヶ月~でした。
※生後4ヶ月以上、首が完全にすわる、体重5.5Kg以上の全てを満たした状態で使用可能。

今すぐにでも使いたかった私は、ベビービョルンを選んだのですが、実はエルゴベビーにも新生児から使えるインサートが売っています。

ただ、まずエルゴベビーのウエストベルトをして、その後赤ちゃんをインサートに乗せ、抱っこして、インサートごと包み込むように肩紐をするという、ベビービョルンに比べてちょっぴり手間がかかることが最大のネックでした。

不器用な私はインサートごと落っことしてしまうんじゃないかと不安で(笑)

足、開きすぎじゃ?

ベビービョルンに比べ、エルゴベビーで赤ちゃんを抱っこすると、足がものすごく開くのにまずびっくりしました。
エルゴ

ただ、これはエルゴベビーがわざわざこの形にこだわっているようなので心配することもないのかなと思います。

自然に開脚したすわり姿勢でエルゴベビーの中はいつも快適!

―エルゴベビーHPより

本体の質感

ベビービョルンがクッションの入った柔らかい素材なのに対し、エルゴベビーはゴワゴワした質感でした。

赤ちゃんを抱っこしている時にはどちらも特に問題はないかもしれませんが、持ち運びに便利かと言えば、ごつごつしていて畳めず、鞄にも収まらない大きさなので肩紐と本体が別になるベビービョルンが便利だと思います。

前抱っこで外国人気分を味わえない

ベビービョルンオリジナルがおんぶできなかったように、エルゴベビーオリジナルはベビービョルンが出来ていた前抱っこができません。
ベビービョルン6

我が家は前抱っこをあまりしませんでしたが、赤ちゃんにとって前抱っこは情報を入手するのにとても良い!一番安心するお母さんに前抱っこをしてもらうことで目や耳に集中でき、景色や音、草花の匂いなどを感じることが出来るのです。

エルゴベビーの本領発揮!!

なんだかエルゴベビー良くないんじゃない?と思ってしまうかもしれませんがとんでもありません。エルゴベビーはここからが勝負です(笑)

次はエルゴベビーのプラス部分をご紹介しましょう。

肩紐が柔らか素材で負担が少ない!

先ほど本体はベビービョルンがクッションの入った柔らかいものと書きましたが、エルゴベビーは肩紐にクッションが入った柔らかい素材で出来ています。ベビービョルンは太めの紐という感じなので、肩への負担は圧倒的にエルゴベビーの方が少ない!!

肩紐部分がふんわりしているのが分かるでしょうか?
erugo-horz

ウエストベルトの歴史が長く安全!

エルゴベビーは2003年の発売当初からデザインが大きく変更になっていません。ウエストベルトは多くのママ達に支持されたということでしょう。

もちろん、ウエスト部分にベルトがあることで肩だけよりも負担が分散され長時間抱っこしてもとてもラクちん!

91dV0cNlatL-horz

おんぶができる

おんぶが出来ることは実はとっても大事。我が家の場合は年子なので特にそうかもしれません。

というのも、上の子が歩けるようになって、お外を探検したい!歩きたい!!と思いだした時に下の子はまだ赤ちゃん。毎日公園に行っていたのですが、上の子の歩ける範囲にも限界があり・・・。

上の子を抱っこ、下の子をおんぶという姿で歩いていました。下の子が抱っこ紐だと疲れた上の子を抱っこできないですし、かといって、下の子がベビーカーだと上の子を抱っこしながらベビーカーは押しにくい。

なので兄弟の年の差があまりない場合、「おんぶ」がとても重要だったのです。

長い期間使える

ベビービョルンの体重制限が11㎏だったのに対し、エルゴベビーは20㎏まで可能。20㎏って当時は特に何も思っていませんでしたが、今5歳のうちの息子が15㎏位なので、今息子をエルゴベビーでおんぶしようと思ったら出来るということですね。おんぶしませんが(笑)

とても丈夫だということが分かります。

about_img_03
画像:エルゴベビーHPより

デザイン豊富

エルゴベビーはママからの人気NO.1ということもありデザインがとても豊富。

リバティ好きにはこちらがおすすめ

ピンクは女の子にピッタリ♪この他にも男女どちらでも使える色もたくさん揃っています。

こちらはミキハウスとのコラボ。緑のチェックが可愛いですね。

Leeとのコラボ。デニムを使っていておしゃれなデザインです!

こちらはベビーザらス限定モデルのミッキーマウス柄。よーく見ないとミッキーマウスと分からないのが良いですね。

オプション豊富

ベビービョルンもオプション品がいくつかありましたがエルゴベビーのオプション品も豊富にあります。

おでかけに使う抱っこ紐ですが、実は雨の日が大変!大きい傘のサイズと言っても限界がありますし、普通サイズの傘をさすと赤ちゃんかママかどちらかが濡れてしまいます。そんな時にはレインカバー。

これがあると赤ちゃんとの雨の日のおでかけも安心ですね♪

レインカバー

こちらはサッキングパットという名のよだれカバーです。エルゴベビーオリジナル。

よだれカバーはオリジナル以外でも色々と種類も豊富にあります。

もちろんビブ(よだれかけ)も発売されています。

次はちょっぴり変わったこちらの商品

「私も、ママみたいにお人形を抱っこやおんぶしたいの!!」というお子さんの要望に応えてミニミニエルゴベビーです。
81Pn8cXFF+L._SL1500_

お子さんのプレゼントにピッタリですね!

新発売の360ベビーキャリアは前抱っこ可能!!

5月中旬に発売した360ベビーキャリア。こちらはエルゴベビー最上級商品です。

360というネーミングにあるように、今まで通りの「対面抱き」「おんぶ」に加え、「腰抱き」そして待望の「前向き抱き」の4通りの抱き方ができちゃいます。横抱きって何だ?と思いますよね。

エルゴ4

これはどういう時に使うのかしら?今までエルゴベビーになかった待望の前抱っこを見てみると、

エルゴ5

ベビービョルンより足の開脚具合が大きいですね。ただ、これはアジャスターを調整して自然な開脚姿勢を実現しているので赤ちゃんにとっては負担な格好ではないんですって!

エルゴベビーは偽物注意!!

人気ゆえに仕方がないことかもしれませんが偽物がかなり多いのがエルゴベビーです。

偽物品の特徴として、

・生地自体が薄い、芯が入っていないなど強度が保たれていない。
・バックルのかみ合わせがゆるい、はまりにくい。
・ウエストベルトがすべりやすく、使用中にゆるむ。固定されない。

上記のものがあり、偽物の場合は赤ちゃんにとっては大変危険!!購入の際は注意してください。

エルゴベビーとベビービョルンは試着必須!!

ベビービョルンとエルゴベビーを実際に使ってみてどちらが良いかは決めがたい!私がどちらも使ってみた印象として

ベビービョルンは赤ちゃん目線で考えられた抱っこ紐

エルゴベビーはお母さん目線で作られた抱っこ紐

のように思いました。例えばクッションが入った素材を使っている場所が、ベビービョルンは赤ちゃんを乗せる本体部分、エルゴベビーはお母さんが抱っこする肩紐部分というのもそう思わせた理由です。

さらにオプション商品が、ベビービョルンは赤ちゃんが寒くないようにカバーが作れていますが、エルゴベビーは一つの傘で赤ちゃんもお母さんも濡れないようにという気遣いが感じられます。

ベビービョルンにはあって、エルゴベビーにはなかったもの、エルゴベビーにはあって、ベビービョルンにはなかったものをどちらも補うように新商品が発売され、今は二つとも大差がない状態のように思います。

実際、我が家の場合、長男はほぼベビービョルンで過ごし、長女はエルゴベビーで過ごしました。息子にはエルゴベビーも試したのですがベビービョルン派、娘はエルゴベビーでのおんぶが好きだったようです。

ママにとって抱きやすいことはもちろん、赤ちゃんによっても好みがあるので、是非試着をしてからの購入をおすすめします。

ママと赤ちゃんにとって素敵な抱っこ紐が見つかりますように♪

b_simple_124_1M

アイコンお買い物で楽天市場を使う場合は楽天PINKカードが断然お得です♪>>楽天PINKカード

※楽天PINKカードの詳しい説明は・・・楽天ピンクカードは30円~の女性保険が魅力!楽天カードとの違いと切替手数料について




この記事を読んだママはこちらもチェックしています

ラインフラッグ



-抱っこひも, 育児雑貨

Copyright© 年子母ちゃんの育児日記~毎日の離乳食~ , 2018 All Rights Reserved.