産後ケア 白髪染め 髪の悩み

産後に増えた白髪はいつから染められる?授乳中でも使えるおすすめヘアカラー

投稿日:2016年9月7日 更新日:

出産の大イベントが終わり、ほっとしたのもつかの間、ママの体には様々な変化が出てきます。

その一つが「髪の毛」。

・白髪

・抜け毛

・パサつき・・・

 

 

私は抜け毛よりも白髪がぐっと増えてきたことに悩んでいました。

今日は、産後に白髪が増える理由と、産後いつから白髪染めをしていいの?など、産後の白髪について考えていきます。

 

 

産後に白髪が増えるのはなぜ?

赤ちゃんはすごく可愛いんです。

でも、出産でママはクタクタのへとへとに疲れているのに、妊娠中にグングン上昇してくれていた女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)が急激に減るという、「女性」にとってはショック極まりないことが続々と起きちゃうんですよね。

女性ホルモンの急激な低下に体が追いつかないことに加え、慣れない育児で

寝られない、食べられない、トイレ行けない

 

どう考えても体に良くない生活をすることで、ホルモンバランスがガラガラ崩れて体にたくさんの影響が出てきます。

抜け毛、白髪

もその1つ。

多くのママは抜け毛に悩むことが多いように思いますが、実は白髪に悩んでいるママも多いんです。

第二子をご出産したイギリス王室のキャサリン妃は白髪が増えたことを指摘されましたよね。

「最悪だから染めた方が良いよ」
「ファッションリーダーなのに白髪って・・・」
「女性は年を取るまで白髪なんて見せてはいけない」

 

 

ママにとっては「はぁ?お前が産んでみろ!」と言いたくなるような数々。

でも世間の「白髪」に対する声ってけっこう厳しいんですね・・・。

 

白髪は7歳老けてみえる!

白髪

子育てに必死だし、髪の毛なんてどうでも良い!!

と思うところですが、ある化粧品メーカーが調査したところ、白髪が生え際など目立つ場所に生えると実際年齢よりも7歳老けてみえるという結果が出ました。

私達はママである前に女性。

この数字を聞くとやっぱりどうにかしたいと思ってしまいますよね。

 

産後の白髪染めはいつから?

産後、授乳中は特に白髪染めやカラーリングはしない方が良いと聞いたことはありませんか?

産後はホルモンバランスが崩れることで、カラーリングすると

・頭皮が腫れたり、かゆみが出たりすることがある

・抜け毛が増える

 

と言われてます。特に白髪染めの場合、薬剤が強いので上記のようなトラブルが出る可能性大!

元々敏感肌や乾燥肌のママは特に注意が必要です。

 

授乳中の白髪染めは母乳に影響が出るの?

カラーリングの薬剤は化学物質です。

髪に浸透することで体内に取り込まれ、まれに血液中に成分が出ることがあるんだそう。

母乳は血液から出来ているので、心配なママも多いですよね。

実は、これははっきりした結果が出ているわけではありませんが、昔から母乳をあげている時期は、白髪染めやカラーリングをするのはダメだと言われています。

このことから、大事な赤ちゃんのために授乳中はカラーリングを控えようと思うママが今でも多いんですね。

一般的に、産後のヘアカラーは

・悪露や会陰切開の傷が治ってから

・授乳時間が3時間以上空くようになってから

 

と言われています。どちちらも個人差があるので、早くて産後1ヶ月頃からというママもいますが、産後半年~1年頃が多いようです。

考えてみると、

カット+白髪染めで2時間はかかる → パパ一人で赤ちゃん見てられるかな?? → 赤ちゃんは哺乳瓶嫌がるから母乳じゃないと・・・

と思うとなかなか美容院にも行けませんよね。

また、自宅でできる市販の白髪染めは美容院のものよりも強い成分で、パッケージに「授乳中の方は使用をお控えください」等書かれている場合があるので使う際には注意が必要。

 

じゃあ、卒乳まで7歳老けた状態でいろって言うの~!!!!いーーやーーだーーーー!!!

 

この気持ち、痛い程分かります。

大丈夫!!

自宅でできる天然成分のカラートリートメント+黒髪を長持ちさせるシャンプーでこの悩みをスッキリ解消しちゃいましょう。

 

天然成分の白髪染め カラートリートメント

白髪染めはしたいけれど、まだまだ頻回授乳、ママが離れると赤ちゃんが泣いてしまう・・・

などなど美容院に行きたくても行けないママは自宅でできる白髪染めを試してみてはいかがでしょうか。

先ほど書いたように市販の白髪染めは美容院のそれよりも強い成分が入っていて産後ママにはおすすめできません。

そこで登場するのが、「カラートリートメント」

ヘアカラーで頭皮のかゆみや腫れがでてしまうのは、強い薬剤が使われているからです。

ツーンとするあのにおいを嗅ぐだけでも「髪に良いものではなさそう・・・」だと思いませんか?

天然成分配合のカラートリートメントは、においもなく、髪にも優しいので産後ママにおすすめなんですよ☆

 

ヘアカラーとトリートメントの違い

ヘアカラーとトリートメントの違いをまとめてみました。

種類ヘアカラー

syoss
ヘアトリートメント

利尻
主な成分ジアミン、アミノフェノール
など化学成分
植物染料+化学成分
ジアミン不使用のものが多い
色持ち3週間~1ヶ月2~3週間
メリット・しっかりと色がつく
・ついた色が長持ちする
・1,000円前後で買える
・頭皮を傷めない
・産後でも使える
・髪がパサつかない
デメリット・皮膚や髪を傷める場合がある
・産後は推奨されていないものも

・1回で色がつかない
・ヘアカラーに比べてお値段が高め

 

産後ママにおすすめなのはカラートリートメント

上記を見ていただくと分かるように、1回では染まらない等のデメリットもありますが、天然成分配合で肌に優しいカラートリートメントの方が産後ママにおすすめ!

カラートリートメントってもう少し年齢が上の方が使うんじゃないの?私まだ30代・・・

 

と思う方もいるのは?でも、そんなことはありません!!

化学物質を使っていないカラートリートメントは年々人気が上昇し、幅広い世代の方に使われているんですよ♪

 

産後、授乳中におすすめのヘアカラートリートメント

産後ママにおすすめのヘアカラートリートメントは下記の通りです。

1.ルプルプ

2.利尻ヘアカラートリートメント

3.【POLA】グローイングショット カラートリートメント

4.レフィーネ

参考産後、授乳中のママにおすすめ♪安心の無添加ヘアカラートリートメントで白髪染めしよう!

 

黒髪を維持するシャンプー

haru

カラートリートメントは、先ほども書いたように「持ちが悪い」というデメリットがあります。

そのデメリットを少しでも解消するには使うシャンプーが重要になってきます。

そこでおすすめなのが抜け毛・白髪をこれ一本でケア。haru黒髪スカルプ・プロ

スカルプシャンプーとは、髪を綺麗にするだけではなく、頭皮の保護をしてくれる優秀なシャンプーです。

抜け毛、薄毛を防ぐイメージがありますが、黒髪を保つ女性のためのシャンプーも販売されているんですよ☆

 

おすすめのスカルプシャンプーはこちら>>産後白髪や抜け毛に悩むママにおすすめ♪haru黒髪スカルプ・プロシャンプー

 

まとめ

今日は、産後の白髪に悩むママに、白髪染めの時期と、産後に使わない方がいい白髪染めのご紹介しました。

自宅で手軽にできるカラートリートメント+スカルプシャンプーのセット使いは、美容院になかなか行けないママにはおすすめの商品です。

産後の白髪に悩んでいるママは、美容院で白髪染めをしてもらうまでの「つなぎ」としてぜひ試してみては?

 

フラッグ

~ご紹介したヘアカラートリートメント~

1.ルプルプ

2.利尻ヘアカラートリートメント

3.【POLA】グローイングショット カラートリートメント

4.レフィーネ

~ご紹介したシャンプー~

1.haruスカルプシャンプー

 

 

この記事を読んだママはこちらもチェックしています

ラインフラッグ



-産後ケア, 白髪染め, 髪の悩み

Copyright© 毎日の離乳食レシピ・今すぐ使える食材宅配~年子母ちゃんの育児日記~ , 2018 All Rights Reserved.