哺乳瓶・マグ 授乳

液体ミルクのメリット・デメリットと「アイクレオ」「明治ほほえみ」の比較!コスパが良いのはどっち!?

液体ミルクが2019年3月から日本で発売されました。

今までミルクを作るのに面倒と感じていたママ達にはとってもうれしいニュース!

管理人もも
思え返せば、ミルク作りは大変な思い出ばかり・・・思い出すだけで、ボロボロだった自分を思い出します。

そんな苦労から解放されたら、どんなに気持ちも体も楽になるか、そう思うと液体ミルクは画期的でママたちの救世主と思えてきます。

そもそも液体ミルクが注目を浴びたのが2016年の熊本地震の時に、フィンランドによって液体ミルクが寄付され、多くの赤ちゃんや子供たちが飲むことができたということからでした。

災害にも外出にも便利そうな液体ミルク。

でも...

もも姉
実際のところ、栄養面や使い勝手などが気になって手がでない...
もも友人
コスパの面ではどうだろう?

 

気になる液体ミルクについて、現在日本で発売されているメーカーはもちろん、使い勝手や価格面について調べてみましたので、参考にしてみてくださいね。

 

液体ミルクって何?

液体ミルク

液体ミルクは、粉ミルクと違ってお湯で溶かして混ぜなくても哺乳瓶に移し替えるだけで飲ませることができるミルクです。

管理人もも
人肌に温める必要がなく、そのまま飲むことが出来るのもポイント!!
もも友人
えっ!あの手首の裏で温度計らなくて良いのっ!?しかも暑すぎると哺乳瓶の乳首からピューっと出てしまうあれを経験しなくて大丈夫なのっ!!

 

栄養面では、粉ミルクとほぼ同じ成分が入っていて違いがないというのもすごいですね。

さらに常温で保管できるので災害時の非常食として備蓄でき安心です。

 

液体ミルクの正しい使い方

液体ミルクは原液を哺乳瓶に移し替えるだけ!!

ほほえみから発売されている「らくらくミルク」の動画が参考になると思うのでご覧下さい♪(と言いつつ、入れてるだけ)

 

液体ミルクに批判があるって本当?!

液体ミルクが発売してまだ日が浅い事から

「液体ミルクを使うなんて楽をしすぎ!!」「母乳が一番に決まってる」

などと批判がチラホラと出ているようです。

これ...粉ミルクだって批判されてましたよね...。

うちは途中から完ミになったので、母乳じゃないことに落ち込んだ事もありましたが、今なら言えます。

管理人もも
楽して何が悪い!!!!!

と(笑)母乳やミルクなんて赤ちゃんを育てる上でとってもちっぽけな事。

それ以上に忙しい毎日がママを襲います。なので、そんな声は放っておいて使える時には便利な物、使いましょ♪

 

液体ミルクのメリット・デメリット

次に液体ミルクのメリット、デメリットをご紹介。

メリット

調合の手間もなくすぐに飲ませられる

液体ミルク

ミルク作りは、本当に焦る!!!!

管理人もも
特にお腹を空かせてギャン泣きしている我が子を横目で見ながら、粉を入れてお湯を少量+湯冷ましを入れてちょうど良い温度にするあの時間たるや!!

そんな気持ちを抱くこともなく、容器に移し替えるだけで飲ませることができるのが液体ミルク。

ママのストレスが激減すること間違いなしです。

 

外出の荷物が減る

外出の時は、おむつや着替えなどただでさえ荷物が重くなるのに、重たい水筒や粉ミルクを持っていかなくてはならなくって、気づけば、旅行ですか?って聞かれるくらい大荷物になってしまうことも…

赤ちゃんが泣いちゃうと、抱っこしながら大荷物を抱えて、お出かけがへとへと・・・

液体ミルクを外出時に持っていけば、お湯や粉ミルクを持ち歩く必要なしです。

管理人もも
荷物がかなり減りますね。

赤ちゃんとのお出かけが気持ちも荷物も軽くできそうです。

災害の時に便利

管理人もも
地震や災害の時に困ってしまうのが断水。

赤ちゃんに粉ミルクを作るのに断水になっては不安で仕方ありません。

家に水が備蓄されていても、いつ底を尽きるか心配ですし、給水車に小さな赤ちゃんを抱えて並ぶのも一苦労。

そんな時に液体ミルクがあれば、水がなくてもそのまま飲ませられます。災害は大人も子供も不安と心配で胸が押しつぶされそうになります。

液体ミルクが小さな一粒の心配の種を少なくできるかもしれません。

 

デメリット

メリットの多い液体ミルク。

でも、デメリットもいくつかあります。

 

粉ミルクに比べ割高である

アイクレオと明治の液体ミルクと粉ミルクを比較してみました。

アイクレオ100㎖当たり価格
液体ミルク160円
粉ミルク(スティックタイプ)10本入り54円

 

明治100㎖当たり価格
液体ミルク89.5円
粉ミルク(スティックタイプ)小箱50円

 

管理人もも
た、高い...

便利とコスパはなかなか両立できないものかもしれませんが、例えば帰省時やおでかけに行く時、夜泣きがひどくてママがゆっくりできない時など「ココぞの時!!」には液体ミルクを使うのも手

うぁぁぁぁーーーーって時にチラッと目に入る液体ミルクの存在、絶対に大きい事間違いなしです(笑)

 

 

量の調整ができない

液体ミルク

管理人もも
これ、私の中では一番のデメリットかも?!

液体ミルクは飲みきりなので、一度封を開けたら、飲みきれなくても処分するしかありません。

粉ミルクだったら、作るときに少なめに作っておいて、足りなければ追加で作ることもできます。

食品ロスという面では液体ミルクの方がロスが多くなるかもしれません。

下に現在販売中の液体ミルクの紹介がありますが、125ml・240mlの2種類なので、赤ちゃんが飲む「1回の量」に合わせたミルクを選ぶと良いですね

 

実際に液体ミルクを使っている方の口コミ

液体ミルクを使ったママやパパの口コミを紹介します。

ママが一番心配なのは「常温でも飲むのかな...」という事だと思いますが、赤ちゃん達は抵抗なく美味しく飲んでいる様子が伝わりますね♪

現在発売されている液体ミルクとその特徴

液体ミルク

現在、販売されているのが以下の二種類。

・明治ほほえみ らくらくミルク

・アイクレオ 赤ちゃんミルク

2種類は内容量や価格が少し違います。

比較表をご覧下さい。

 

商品明治ほほえみアイクレオ
内容量240㎖125㎖
価格215円200円
容器スチール缶紙パック
賞味期限1年6ケ月
常温保存
保存料
防腐料
不使用不使用

 

内容量が違うので、赤ちゃんの月齢やたくさんミルクを飲める赤ちゃんか、あまり飲めない赤ちゃんかによって使い分けできますね。

また、容器の違いは飲み終えた時のごみの問題もありますよね。

紙パックだったらコンパクトに捨てることができそう。

賞味期限は長い方が備蓄もできて、災害やストックとしても安心ですね。

 

 

液体ミルク+使い捨て哺乳瓶で荷物を軽く♪

液体ミルクは特に外出時にとっても便利なので、ミルクが飲める赤ちゃんには使ってみたいと思うママも多いはず。

ただ、お出かけ時に瓶の哺乳瓶を持って行くのも大変ですよね。

管理人もも
そんな時に便利なのが使い捨て哺乳瓶!

これがあれば、荷物はさらに軽くなること間違いなし!!

大きさや形はそれぞれなので赤ちゃんが好きな哺乳瓶を探してみてください☆

 

 

液体ミルクまとめ

日本でも販売が開始された液体ミルクについてご紹介しました。

管理人もも
現在はまだ2種類だけですが、今後どんどん増えていく予感♪

毎日液体ミルクだとやっぱりちょっとお財布が厳しくなると思うので、ママが疲れる「ここぞの時」には出せるようにストックしておくのがおすすめです。

液体ミルクを使って時短しちゃいましょう~☆

・明治ほほえみ らくらくミルク

・アイクレオ 赤ちゃんミルク

 

おすすめ
【離乳食必須の冷凍用容器レビュー】リッチェルわけわけフリージング VSエジソン冷凍小分けパックを2年使った比較!

もも姉 赤ちゃんにはできるだけ手づくりのものを食べさせてあげたい   でも、日々の家事や育児は大忙し。時間も手間もかかる離乳食づくりを毎日、毎食行うのはとても大変ですよね…。 そんなママの時 ...

続きを見る

おすすめ
離乳食の救世主!Mi+(ミタス)は月齢ごとの固さ+素材+持ち運びOKで便利すぎっ!

離乳食を作る上で一番大変な作業、それは・・・ 管理人もも 裏ごし(ペースト)!!!! 私はこのブログでは「裏ごし地獄」と書いていますが(笑)、赤ちゃんの場合は1回に食べる量が少量という事もあり1週間分 ...

続きを見る

 



-哺乳瓶・マグ, 授乳

Copyright© 離乳食初期・中期・後期の献立&レシピ~年子母ちゃんの育児日記~ , 2019 All Rights Reserved.