スリーパー

可愛すぎる赤ちゃんスリーパーは寒さ対策もバッチリ【最新人気7選】

投稿日:2017年11月16日 更新日:

赤ちゃんをやっと寝かせつけたあと家事をしてる合間に、ちょっと様子を見にいくと・・・布団がかかってない!

夜中に目が覚めて我が子を見ると、やっぱり布団かかってない!!

布団を何回かけ直しても、気が付くとかかっていないことって本当に多いですよね。

しかも真冬の寒い時期だと、も~心配で心配でママたちは常に見張っていなければならない状態に。

もも姉
そうそう!このかけ直し作業、いつまでしなきゃいけないのって思っちゃう

 

そんな赤ちゃん、ママの救世主となるのが、着る布団といわれるスリーパーなんです。

パジャマの上に着れることはもちろん、そのまま寝かせてしまえば脱げることはないから朝までママも安心。

そこで今回は、冬におすすめのスリーパー、スリーパーが赤ちゃんに必要な理由、良いスリーパーの選び方をご紹介します。

 

赤ちゃんにスリーパーが必要な理由

寒い冬の夜、スヤスヤ寝ている赤ちゃんをふと見たら布団がかかってないなんてことほぼ毎日ですよね。

手足が冷たくなっているからあわてて毛布・布団をかけるということを夜中に何回したことか。

そのうちに目が覚めて泣かれてしまい結果寝不足に・・・なんてことママならありますよね(笑)

そんな冬の睡眠を助けてくれるのがスリーパーなんです。

着せるだけで布団の役目をしてくれるからとってもラクチン!

他にも冬に使って欲しい理由があるんですよ。

 

スリーパーは乾燥対策におすすめ!

耐えられない冬の寒さには暖房に頼りたくなりますよね。

でも、暖房をつけることでお部屋はカラカラの乾燥状態に。

乾燥した空気は赤ちゃんの風邪の感染力を強めてしまいます。

風邪を引かせたくないから暖房をつけているのに、これでは意味がなくなってしまいますよね。

じゃあ、加湿器を置いたらいいんじゃない?
もも姉
もも
加湿器もお部屋にあったものを使うことや、日々のお掃除が大変なことも。

 

暖房をつけている時は加湿は絶対に必要。

ただ、よくあるおしゃれな加湿器は、丁寧なお掃除をしないとカビを撒いていることになったり、小さなものだと夜中にママが起きて水を入れたり・・・と意外に大変。

そんなとき寒い冬はスリーパーが1枚あれば、暖房に頼らなくても赤ちゃんは快適に過ごせるんですよ☆

 

布団を蹴って風邪をひかないため

寝返りだってまだできない赤ちゃんなのに、気がつけば布団から出ていることって多いですよね。

その原因が足で布団を蹴っているから!

もちろん暑くて蹴ることもありますが、元気な赤ちゃんは常に手足がバタバタ。

元気なことはとっても嬉しいけど、寒い冬は布団がズレるから「バタバタしないで~!」ってなりますよね。

そんな時だってスリーパーを着ていれば、元気な赤ちゃんでもズレることなく、しっかり赤ちゃんを包んでくれます。

 

布団がお顔に当たって息ができなくなるのを防ぐため

赤ちゃんが寝ているときにヒヤッとした経験として多くのママが語るのが、お顔が布団に隠れているときなんです。

これって本当に命にかかわることで、実際に事故につながっているんですよね。

しかも冬布団って分厚くて重いから、ちょっとお顔にかかっただけでも小さい赤ちゃんにとっては相当な負担に。

私たち大人なら自由に布団を動かせますが、赤ちゃんだとそうはいきませんよね。

布団がお顔全体を覆ってしまえば泣いて訴えることもできないぐらいなんです。

それがみんな寝静まった深夜ともなれば・・・考えただけでゾッとします。

もも姉
スリーパーがあれば風邪予防はもちろん、命の危険からも守ってあげれるんだね

 

赤ちゃんにおすすめスリーパーランキング

赤ちゃんにおすすめのスリーパーをご紹介していきますね。

と~~っても可愛くて安心して赤ちゃんに使えるものを選びましたよ。

センス光る名入れ刺繍が大切な方への贈り物としてもピッタリ!
【Organically 4重ガーゼスリーパー(名入れ)】

Organically 4重ガーゼスリーパー

産まれたばかりの赤ちゃんのお肌を優しく包んでくれるオーガニックコットンガーゼスリーパー。

表地にはリネン、赤ちゃんの肌が触れる裏地にはオーガニックコットン100%使用。

パイピングにもオーガニックコットンを使っているから赤ちゃんの首元にも優しいんです。

生地から縫製まで日本製という点も安心ですね。

なんといっても上品で素敵な名入れ刺繍ができることも人気の一つ。

刺繍はアルファベット・イニシャル・ひらがな・飾り模様と選べれて、贈り物としてもおすすめなんです。

こちらは女の子らしいピンクですが、ベージュやブルーといったカラーも大人気。

 

 

価格
(税込)
8,208円
+刺繍代
サイズ 1ヶ月~36ヶ月ぐらい
素材 オーガニックコットン80%
表地ピンク部分:麻20%

 

1年通して使えちゃう!カラフルなきのこモチーフがとってもキュート
【Hoppetta シャンピニオン6重ガーゼスリーパー】

Hoppetta シャンピニオン6重ガーゼスリーパー

織目の密度が違うガーゼを6重にしていることで、空気がふんわり入っている状態のスリーパー。

この空気感があたたかさをしっかり蓄えてくれるから寒い冬でもポカポカなんです。

しかも夏の暑いときには汗を素早く吸収してくれるから、とっても快適!

1年中使えちゃうのは魅力的ですよね。

裏地はチェックにきのこ柄と、どこから見てもカワイイ!しかないからわが子に着せたいママ続出。

男の子・女の子どちらでも着れるデザインは2人目、3人目と長く使えちゃいますね。

 

 

価格
(税込)
4,104円
サイズ 着丈:約58cm
身幅:約35cm
(新生児~3歳頃まで)
素材 綿100%

 

ふわふわ♪わたあめみたいな優しさスリーパー
【スウィートマミー 6重ガーゼわたあめスリーパー】

スゥイートマミー 6重ガーゼわたあめスリーパー

淡い色味に大きなリボンがとってもかわいいスリーパー。

6重のガーゼはふわふわで優しい触れ心地とママからも支持されているんです。

使えば使うほど糸がほぐれてふわふわになり厚みがましていくから、赤ちゃんの成長とともになじんでいくんですよ。

こちらも保温・吸汗性に優れているから、1年中使えることも嬉しいポイント。

足と足の間のスナップボタンがスリーパー自体のめくれも防いでくれるんですね。

 

 

価格
(税込)
 6,372円
サイズ  フリー
(0~3歳まで着用可能)
素材  コットン100%

 

総柄デザインが寝てるときの可愛さUP!
【LONNIE スリーパー ダイナソー/ピンクフェアリー】

力強いダイナソー柄


ふんわり優しいピンクフェアリー柄
LONNIE スリーパー(ダイナソー)

LONNIE スリーパー(ピンクフェアリー)

カラフルなデザインが外国の雰囲気をもたらしてくれますね。

ガーゼのふんわりやわらかい肌触りで赤ちゃんの寝冷えを防いでくれます。

前開きタイプだから、広げておけば寝ている赤ちゃんにもかんたんに着せてあげられますね。

男の子にはかっこよくて強い恐竜柄(ダイナソー)を、女の子には綺麗で柔らかい妖精柄(ピンクフェアリー)がピッタリ!

 

 

価格
(税込)
5,990円
サイズ フリー(70-110)
着丈:60cm
素材 綿100%

 

薄手フリースでとっても軽やか☆
【アンナニコラ フリーススリーパー】

アンナニコラ フリーススリーパー

触り心地のいいフリースは薄手でゴロゴロしないんです。

だから、そのままお布団で寝ても気持ちよく寝れるんですね。

着脱がかんたんなスナップボタンだから、朝の寒さやお風呂上りにもサッと着せてあげられます。

安心・安全な日本製ということもママにとっては大事なポイントですよね。

 

 

価格
(税込)
 3,240円
サイズ  80/90/100/110/120
素材  ポリエステル100%

 

成長とともに形を変えれる優秀スリーパー!
【マトリョーシカ柄6重織ガーゼ2WAYスリーパー】

マトリョーシカ柄6重織ガーゼ2WAYスリーパー

赤ちゃんの可愛さを引き立たせてくれるマトリョーシカ柄。

マトリョーシカのデザイン一つにも糸からこだわって試行錯誤したスリーパーなんです。

デザインだけでなく、6重織ガーゼの糸も細さ・太さを最適な順番で織るように考えられています。

6重織ガーゼが保温・吸汗性に優れているから寒い冬はもちろん、クーラーで寝冷えしやすい夏場にもぴったり。

脚部のボタンを留めればズボンのように変わるから、足をバタバタする赤ちゃんにもちゃんとフィットしますね。

リバーシブルで着られることも、お得感があってママに高評価!

 

 

価格
(税込)
 4,500円
サイズ  身幅上33cm×身幅下38cm×着丈57cm
(4ヶ月~3,4歳向け)
素材  綿100%

 

冬用スリーパーの選び方

スリーパーはベストタイプ、長袖タイプ、丈の長いタイプと色々。

この中でもおすすめなのがベストタイプなんです。

でも寒い冬は袖がある方があたたかくていいんじゃないの?
もも姉

 

赤ちゃんってけっこう体温も高めで暑がりだから、袖があることで汗をかかせてしまうことも。

ベストタイプでお腹はしっかりあたためてあげて、手足からは余分な熱を逃がしてあげることが大事なんですね。

もも
ベストタイプは大きくなっても着れる点からも選ぶママは多いんだよ☆

 

スリーパーの下は厚着をさせないように

寒いとついついたくさん着せたくなるのが親心。

でもスリーパーを着ることで温度調節ができているので、着込ませる必要はないんです。

厚着をさせてしまうと動きにくく、寝返りがしづらくなりますよね。

そんな窮屈な状態での睡眠は快適とはいえず、夜中に何回も目が覚める原因になってしまうことも。

しかも厚着をさせることで冬でも汗疹ができたりするんです。

赤ちゃんの様子を見ながらスリーパーの下に着せるものを選んであげることが大事ですね。

 

室内は18~23度、湿度は50~65%がベスト!

赤ちゃんが快適に眠れる室温は18℃~23℃といわれています。

お部屋が寒いからといって暖房機器をつけたままで寝たりするのは絶対NG!!なんですよ。

赤ちゃんは体温がもともと高いことに加えて、眠りに入る時の体温は上昇するんです。

そんな赤ちゃんにとって暖房機器は暑くて気持ちのよい睡眠につながりませんよね。

しかも空気が乾燥するからウィルスが繁殖しやすく、風邪などを引きやすい環境をつくってしまうんです。

冬は、室温はもちろん、湿度も大事。

50~65%がウィルスも活性化しにくく喉にも良い湿度です。

朝方の冷えてるときでもスリーパーを着ていれば快適なんだね
もも姉
もも
どうしても寒いときは寝る前まで暖房をつけてお部屋をあたためておくのもOK!

 

秋冬に選ぶスリーパーの素材

スリーパーの素材はガーゼ、フリース、ダウンなどありますが、寒い秋冬に選んで欲しいのがガーゼ・コットンです。

家で気軽に洗えることはもちろん、保温・吸汗性に優れているんです。

4重、5重になっているガーゼはあたたかい空気をしっかり貯めてくれてるから、寒い夜におすすめ。

さらにガーゼは使うほど肌になじんでいくので、永く愛用できて手放せなくなるほどなんですよ。

吸汗性もあるから夏でも心地よく寝させてあげるために使えて、季節問わず1年中使えることもいいですね。

 

まとめ

今回は、冬におすすめのスリーパー、スリーパーが赤ちゃんに必要な理由、良いスリーパーの選び方をご紹介しました。

着るだけでもかわいいのに、しっかり赤ちゃんを冷たい冬の空気から守ってくれるスリーパーはママの必須アイテム。

なかでもおすすめは1位に選んだ「Organically 4重ガーゼスリーパー(名入れ)」です。

安心・安全の日本製ということはもちろん、オーガニックコットン100%のガーゼが優しく赤ちゃんをあたためてくれるんです。

とくに嬉しいのがかわいい刺繍の名入れ。

永く愛用できるものだからこそ、名前やイニシャルが入ることで特別なものとして思い出の一つにもなりますよね。

大事な人に出産祝いとしても贈りたくなっちゃいますよ♪

冬の寒さも、スリーパーがあれば安心して気持ちのいい睡眠が赤ちゃんもママもできますね。

 

 




この記事を読んだママはこちらもチェックしています

ラインフラッグ



-スリーパー

Copyright© 年子母ちゃんの育児日記~毎日の離乳食~ , 2018 All Rights Reserved.