育児雑貨 入園・入園準備

【おすすめビデオカメラ3機種比較】初心者ママでも簡単☆入学式・運動会でもあせらない!

投稿日:2017年9月21日 更新日:

出産を機にビデオカメラを購入する方は多いと思います。

我が家の場合は、出産の時はカメラと携帯(スマホではない・・)で乗り切ったのですが、子どもが幼稚園に入ってからはそうもいきませんでした。

入園式、運動会、生活発表会・・・などなど行事がたっぷり!!

持ってないの私だけ・・・?

状態になってしまいます(笑)

ちまたには、高級で機能豊富なビデオカメラはたくさんあると思いますが、今日はママ目線で選ぶビデオカメラについてご紹介していきます。

これからビデオカメラをご検討中の方は是非参考にしてみてくださいね☆

今日も長い記事になってしまいました(笑)
この辺りを見ていただけると分かるかなと思います。

 

デジカメやスマホで十分?

息子が年少の運動会時期、テレビでもビデオカメラのCMが流れているのをよく見ましたし、実際ママ友たちも「ビデオカメラどこに置いたかな」と話しているのを見て、「他の人は運動会にビデオカメラ持ってくるんだな~」と他人事だった私。

 

動画を撮っても振り返って見ることなんてほとんどないし、写真だけで良いんじゃない?

これが私の考えでした。そしていよいよ運動会当日がやってくるのです。

えぇ、私は携帯とデジカメ持っていきましたよ(古い・・・)。

 

ビデオカメラ持参率9割5分!

夫と娘と運動会を見に行った私が一番驚いたのは同じクラスのママ達が全員ビデオカメラを持っていたこと

考えてみれば子どもが産まれたりお宮参りしたり、七五三したり・・・とビデオカメラの登場回数って結構ありますよね。

でも私は「デジカメとスマホで十分~」と全然ビデオカメラに興味がなかったんですよね。

ただ当日のビデオカメラ率の多さに、「これは我が家もビデオカメラを買わねば・・・」と思ったのでした。

 

実際に購入してみて思ったこと

「いやいや。全然違った!!スマホやデジカメとは全然違ったよ。ごめんビデオカメラ」

買ってすぐにそう思った私。そう思った理由は、

 

ズームの力がすごい!

すぐにDVDに保存できる!

画像が綺麗!!

 

この3つ。

デジカメではズームに限界がありますし、スマホやデジカメの画像をDVDに保存するとなると変換やら何やら面倒くさいんですよね。

ビデオカメラの場合は付属のソフトを使えば、パソコンに接続するだけで簡単に保存できます。

そして何と言っても画像が綺麗

手軽に動画を撮るならスマホやデジカメでも十分ですが、子ども達が大きくなった時やおじいじゃん、おばあちゃんへのプレゼントに綺麗な映像を残すのは大事ですよね。

やっぱりビデオカメラは1台あった方が良いんだなとつくづく感じたのです。

 

ママ目線でのカメラの選び方

 

結局運動会が終わってからビデオカメラを買うことになるのですが、(いつもすることが遅い)ビデオカメラを使ったことのない私が重要視したのはこの5つ。

 

①手ぶれしない

⇒私は背が高くないので、大きいお父さんの後ろでビデオカメラを持つとなると背伸びしないといけません。そんな時にブッレブレの画像になる可能性は高い!手ぶれ防止機能は必須です。

②軽い、小さい、持ちやすい

⇒背伸びをするのだから重いビデオカメラは無理!軽くて手が小さいママにも持ちやすいものが良いですよね!

③たくさん機能がついてない

機械音痴の私としては高度な機能は一切必要ありません

ズーム機能があれば良いかな位。簡単に使えるものを探したい!

④色やデザインが可愛い

これは男性陣には絶対に分かってもらえませんが、可愛らしい色やデザインが嬉しい

⑤安い

家庭を守る主婦ですからこれは譲れない。5万円まで。出来れば2~4万円が嬉しいな

 

5つのこだわりを考えると、

上位モデル(高級モデル)は必要ない!!

という結論になります。

今から書く記事は4Kの機能があるとか機能が豊富な上位モデルではなく不器用ママでも使える「シンプルに使いこなせるモデル」を選んでいます。

有名価格比較のサイトでは絶対上位にいないだろう商品達ですが、「わ!こだわり部分が同じ!」というママがいたら是非読んでみてくださいね♪

 

ご紹介する機種はこの3機種!

 

手ぶれに強い!!SONY HDR-CX470

ソニーというと高いイメージがあるのですが、こちらのHDR-CX470はお値段が3万円程度(Amazon価格参照)なのに機能が充実!!

 

 

このHDR-CX470の特徴は、「光学式手ブレ補正」機能。

手ブレ機能には「光学式」と「電子式」の2種類があります。ブレる方向とは逆の方向にレンズやCCDを動かす「光学式」と、ブレた映像を解析し補正する「電子式」。

手ブレに強いのは「光学式」です。

新生児のまだ動かない赤ちゃんを撮影するのは電子式でも良いのですが、運動会ともなると我が子を撮影したい親御さんの場所の取り合い!

背の低い私は背伸びをしながら手を伸ばしながら撮影するのでどうしても、腕がぐらぐら、手も前後に・・・。

最終足がつります。(アラフォーの宿命)

 

こういう時には「光学式」を選んだ方が良いですね!

さらに、HDR-CX470の「光学式手ブレ補正」機能は従来の製品に比べて13倍も手ブレを補正してくれるんです!!

ソニー4
これだと私の腕や手がぶれぶれでも安心!
ソニー5

 

動画撮影中に写真も撮れる!!

運動会や発表会はその一瞬がすごく大事。

ビデオカメラデビューした時に思ったのは、

あ!今のカメラで撮った方が良かったなーーー。すごい良い表情だったーー。

一人でビデオカメラとカメラを持って使い分けるって相当~~難しい!!

HDR-CX470は動画を撮っている最中に写真も残せるんです。

 

 

 

これだとビデオカメラ1台で動画も静止画も撮れて便利ですよね☆

 

広く撮れるからお友達や先生も見切れない!!

運動会や発表会の時に一番仲が良いお友達が隣ではなく、数人横に並んでいることってよくありますよね。

〇〇ちゃんも一緒に撮りたいのにギリ入らない・・・

こんな時でも大丈夫。

左の画像と右の画像を見比べてください。

 

両端の男の子、先生のお顔もちゃんと入ってる!!!

HDR-CX470は従来品に比べてワイド幅で撮影できるんです。

これだと室内の発表会の時もばっちり撮れますね☆

 

重さ、デザインも良い感じ♪

女性が腕を伸ばして背伸びして撮影するということを考えると重さはやっぱり重要ポイント。

重さは付属のバッテリーがついていて215グラムなので軽くて持ちやすいです。

液晶サイズは2.7インチ。色はホワイトの他にブラックも。

 

 

ズームがすごい! パナソニック HC-V360MS

お次はパナソニックから、HC-V360MS。こちらも価格は3万円程度。(Amazon価格参照)

 

 

こちらの特徴は、何といってもズーム機能でしょう。

光学ズームがソニーのHDR-CX485の場合が30倍なのに対し、HC-V360MSは何と光学50倍!!

ズームには「光学ズーム」と呼ばれるものと「デジタルズーム」と呼ばれるものがあります。

光学ズームはズームした時に画質が劣化することはないのですが、デジタルズームだと画質が粗くなってしまうんですね。

光学ズームの倍率が高いということはズームしても画質が粗くない、つまり、

遠くのものを撮るにはもってこい!!

 

さらに、パナソニックはデジタルズーム(iAズーム)の場合も、従来のものよりもより綺麗な画質になっています。

お手軽サイズ&お手頃価格

重さは256グラムなのでソニーに比べ40グラム程重いのですが、サイズは小さめ。

片手に十分収まるサイズなので、女性が持つのにちょうど良いサイズ。

パナソニックはママ人気NO.1メーカーなのでママの気持ちにしっかりこたえてくれていますね!

 

色はホワイトの他にブラックもあります。

 

おしゃれ・カラー豊富! JVCKENWOOD GZ-R300

JVCはビデオカメラの種類がとても多くて、どれを選べばいいのか分かりにくい!!
確かに。その中でも軽さ、複雑な機能のないカメラを紹介するね!

 

 

こちらの商品の特徴は内蔵バッテリー。

ソニーとパナソニックに比べ、大きめバッテリーが最初に入っているのでバッテリー持ちは何と2倍!!

光学ズームもソニーとパナソニックの間をとって40倍、液晶画面も3.0型と3つの中で一番大きいです。

これに加え、雨にも雪にも夏の海にも強い4つの安心機能付き!

 

運動会や行楽中の突然の雨でも安心!アウトドア好きのご家族にはこの価格で防水機能がついているのは嬉しいですね♪

 

スタイリッシュなデザイン!

GZ-R300はソニー、パナソニックが2色展開なのに対し、3色展開しています。

その色もブラックとホワイトなど無難な色ではなく・・・

【オレンジ】

 

 

【ブラウン】

 

私はデザインだけで言うとJVCが一番好みです☆

 

ちょっぴりマイナスポイントも

なんだ~。JVCが一番機能多くて良いんじゃない??
いやいや、JVCはプラスばかりじゃないよ!!

 

GZ-R300のマイナスポイントは、手ブレ機能が電子式ということです。

ソニーとパナソニックはどちらも手ブレに強い光学式です。

それに比べると手ブレに弱い電子式はちょっぴりマイナスになってしまいますね。

 

ママ目線ビデオカメラ3機種比較表

ご紹介した3機種の比較表です。

ママ目線で「これは欲しい情報」だけをピックアップしました。

たとえば・・・

バッテリー持続時間は「実撮影時間」を表示!

各メーカーのホームページを見ると、連続撮影時間と書かれている場合が多いです。

でも、実際私達はズーム機能を使ったり自分の子供が出ていない場合は電源を切ったりするので・・・実撮影時間のみを掲載しています。

SONY
HDR-CX470
PANA
HC-W360M
JVC
GZ-R300
内蔵メモリー 32GB 16G 32G
光学ズーム 30倍 50倍 40倍
デジタルズーム 350倍 500倍 200倍
バッテリー
持続時間
55分
※②
60~80分
※③
170分
※④
手ブレ補正 光学式 光学式 電子式
重さ 216g 256g 288g
サイズ 54×59.5×128 53×59×121 60x59.5x122
液晶画面 2.7型 2.7型 3.0型
価格※① 27,820円 24,000円 24,800円

※①価格は2018年10月19日時点、Amazonの価格

※②25℃で満充電時、高画質撮影をした場合

※③2種類の撮影モードで撮影した場合

※④ライト「切」、「モニター明るさ 3(標準)」の場合

 

三脚・SDカードも忘れずに♪

先日息子の生活発表会が終わりました。

ビデオカメラだけを持って行ったのですが、絶対これいるわ~と思ったのが三脚

というのも、ビデオカメラで息子を撮りたいのですが、

自分の「目」でもしっかり見たい!!

 

不器用な私は、自分の目で息子を見てしまうと思いっきりカメラの位置がずれてしまって頭だけが撮れている状態の時も。

しかも軽いと言っても長い時間撮り続けていると二の腕がプルプルプルプル・・・

 

これはAmazon限定モデル。2,000円を切る価格ですが口コミが非常に良い商品です♪

また、私がここ何度か続けている失敗。

SDカード入れ忘れてたーーーーー!!!

バッテリーをバッチリ充電したのにSDカードが入ってない時のショックと言ったら・・・

今はSDカードも安く購入できるのでいくつかストックしておくのも良いかもしれませんね。

ももが買ったのはJVC。でも残念ポイントもあった!!

今日は3つのメーカーから私の条件にあった3機種をピックアップしてみました。

同じような価格なんだからどれも同じと思いがちですが少しずつ違いますよね。

デザインはJVCが一番好きだけれど手ブレに強いソニーにするか、ズームに強いパナソニックにするか・・・。

 

そんな私はデザインで(ブラウンが欲しかった!)JVCにしちゃいました。

※数年前なので、今ご紹介しているビデオカメラより古いものです。

 

男性には理解できない「色」で選んでしまった私。分かって下さるママ、きっといるはず(笑)

ただ、残念ポイントがあって・・・もしこれからビデオカメラを購入される方はちょっとチェックしてみてください。(カメラが汚くてすみません)

三脚を使う時に、この〇のネジの部分に固定するのですが・・・

こんな風に。奥に〇をしている部分、ここにSDカードを入れるようになっています。

 

これ。よーーーく考えると・・・

 

SDカードがさっと取り出せないんです!!

三脚の土台部分を取り外さないとSDカードが取り出せないのって、実はかなり面倒くさい!!!!!

カメラを買う時にはSDカードの挿入位置もぜひ確認してください!!

「ビデオカメラは欲しいけど、高いのじゃなくて良いのよね~」というママの参考になれたら嬉しいです。

 

 

この記事を読んだママはこちらもチェックしています

ラインフラッグ



-育児雑貨, 入園・入園準備

Copyright© 毎日の離乳食レシピ・今すぐ使える食材宅配~年子母ちゃんの育児日記~ , 2018 All Rights Reserved.