保険 家計のこと

口コミ・評判の高い保険のビュッフェで学資保険の無料相談しました!

投稿日:2015年12月14日 更新日:

4703914450_9417f8fd58_b

我が家の家計を見直したくて、保険の記事を含め色々と書いてきましたが、先日とうとう保険の無料相談を受けることができました

予約の連絡を入れて実際に面談があるまで約1ヶ月。

待ちに待ったFPさんとの面談。

私は学資保険はどこを勧めてくれるのかしら?とウキウキしながら待っていたのですが実際学資保険のお話を1回目にすることはありませんでした。

 

先に保険のビュッフェ公式サイトを見てみる>>教育費がいくらかかるかご存じですか? 保険のビュッフェ

 

保険のビュッフェ

私が無料相談をお願いしたのは、学資保険の見直しなら”保険のビュッフェ”

なぜ保険のビュッフェにしたかと言うと、

ビュッフェ

広告に大きく「学資保険のお得な選び方教えます」と書かれていたから。

以前の記事にも書いたように、私はとにかく学資保険をどうにかしたいと思っていたんですよね。

 

地域によっては1ヶ月待ちも!

私が住んでいる地域が田舎だからということもありますが、第一希望、第二希望の日付を選ぶ欄で1ヶ月後からの指定しかできませんでした。

実際申し込みから2日後に面談ができたというお話を聞いたことがあるので、私が運がなかったと言えばそうかもしれませんが、ここは最大のマイナスポイントだと思っています。←強気でごめんなさい。

保険の相談って急ぎじゃないのは分かっているんです。

でも、予約したのに実際に会うのが1ヶ月も先だと「相談したかった熱い気持ち」がすっかり冷めてしまっているというか・・・

でも無料で相談に乗ってくれるんだからワガママも言えないし・・・という何だかモヤモヤした気持ちはありました。

私と同じように、気持ちが乗っている時に相談したいなと思われている方は、いくつかの無料保険相談の会社に申し込みをして一番早く相談できる会社を選ぶのが良いと思います。

 

無料保険相談当日

待ちに待った保険の無料相談がやってきました。当時の私の希望は、

もも

・おすすめの学資保険

・現在の保険が適切かどうか?

の2点。「保険証券」を用意してFPさんを待ちました。

来られたFPさんは事前のメールで男性の方だと言うのは分かりましたが、お顔を確認できるわけではなく、不安だったのは事実。

正直、同じ女性の方が家計のことや女性特約のことが分かってもらえるのでは?という気持ちがありました。

実際に来られたFPさんはベテランの方でテキパキとお話を勧めてくれたので不満はありませんが、やはりお会いするよりも前に、どんな方で、どういった分野が得意か?などを知っておきたいですよね。

※そんなお顔やプロフィールを見てFPを決めることができるサービスはこちら>>保険の無料相談は女性FPを選べる「FPのチカラ」がおすすめ♪

 

初回、学資保険の話は・・・・なし

先ほども書いたように私は学資保険の話をまずしてくれると思っていました。

・・・・が!話せども話せども学資保険のお話が出てこない!!

初回のFPさんのお話は、老後のための資金がメインになっていて、老後旦那と私が二人で生活するのに年金も合わせて最低いくらいるからそれを貯めていかなければいけないと・・・。

 

その時の私の顔はとにかく
284817

こんな「???」いっぱいだったと思います。学資保険のことは事前にいくつか調べていたのですが、老後二人で生活するお金って・・・全く分からない内容でした。

 

保険をうまく活用しよう!

15527092018_ec9a83d4eb_b

FPさんとは3時間近くお話したのですが、初回に学資保険について詳しく教えてくれることはなく、とにかく「保険とは何ぞや」ということを説明してくれました。

お話しているときには疑問いっぱいで、その疑問について聞くことも出来ず(何が疑問かすら分からない状態で・・・)、なぜ学資保険のお話を一番にしてくれなかったのかなと考えていました。

後でゆっくり考えてみると、保険を検討するにもまずは我が家の家計状況を知らなければいけないですよね。

生活がいっぱいいっぱいなのに学資保険に加入しても途中で解約してしまう可能性もあります。

また、現在の貯蓄や収入から十分な資産を作っていくことはとても重要なことだという事を無知な私に教えてくれたのかなと思います。

短期的に必要なお金中期的に必要なお金長期的に必要なお金を考えて貯蓄をしていくことの大切さを知りました。←遅すぎますが・・・。

 

2回目はプランを持って学資保険と生命保険のお話

2週間後は2回目の面談日。

1回目の面談で大筋のお話をして2回目の面談ではプラン書を提示してくれ具体的なお話をしました。

 

学資保険のお話

結論から言うと、学資保険よりも「終身保険」が良いのではないか?と勧められました。

そういえば、産後、学資保険を検討していた時に「終身保険」という言葉が出てきたなと思いましたが、

子どもが産まれる→学資保険

という頭しかなかった私は終身保険のことは全く調べていませんでした。

なぜ、FPさんが学資保険ではなく終身保険を勧めたかと言うと、

・我が家の子どもが5歳と4歳

・払い込み期間終了後、使わない場合はそのまま置いておくことができる

・契約者が死亡したときは、死亡保障がある

FPさんが勧めてくれたのは低解約返戻型終身保険

子どもが5歳の今、学資保険に入るよりは辺戻率が高くなるということでした。

保険料を短期(10年とか15年)で払い込み、必要な時に解約するのが低解約返戻型終身保険なのですが、10年払込プランで10年後の返戻金を見ると何と

もも
70.3%

思いっきり元本割れしてるんです!!

これでは全然お得感がありませんが、この後11年で101.3%、15年で105.0%と増えていくようです。

勧めていただいた保険会社の場合だと、13年後(息子18歳)は104.0%。某有名学資保険だと5歳から入った場合辺戻率が102.0%なので確かにお得感はありますね。

さらに、我が子にお金がかかると思われる18歳の時点で家に貯蓄があったり、子どもにお金がかからず、終身保険を使わなくても良い場合、解約せずに置いておくことができ、その分辺戻率が高くなるのは魅力的。

が!!しかし・・・・、

もも
置いておく選択をする??

ここ、一番考えないとダメですよね。

我が家は子どもの将来の学費に関して不安があるから学資保険のことを知りたいのに、「使わなかったら置いておく」なんて選択、宝くじにでも当たらないとないよな・・・と思ってしまったのです。

また、10年の払込で10年目は70.3%という元本割れも気になりました。

もちろん解約しないために入る保険なので元本割れは仕方ないかもしれませんが、もし何かどうしても解約しなければならない時に損をしたくないという気持ちもあります。

これは学資保険にももちろん言えることで、満期よりも前に解約すると元本割れしてしまいます。

無理のない範囲で学資保険にするか、終身保険にするかを考えなければいけませんね。

 

生命保険のお話

現在加入中の生命保険のお話もしてくださいました。

保険と言うのは毎年新しいプランが出ているそうで、新しい保険にはそれなりの価値があるということでした。

私も夫も結婚前から継続して加入している保険だったため、

先進医療特約

三大疾病無期限入院特約

がついておらず、この2つは追加した方が良いのだとか。

さらに、現在入院費用を1日1万円にしている所を、今は入院日数は短いことが多いということで、1日5,000円に減らし、その代わりに入院前も退院後も通院費用3,000円がもらえるというプランを紹介していただきました。

生命保険のお話は、実際に今自分が入っているものを見直すという形だったので、数字が苦手な私でも分かりやすく、納得のいくお話でした。

 

まとめ

保険の無料相談を初めて受けてみての感想は、「 聞いて良かった」。

この感想ってとてもありきたりで申し訳ないなと思っちゃうのですが、

たくさんの保険会社の中から一番良い保険を選んでもらえる

というメリットは存分に感じることができました。

今回、アフラック、オリックス生命、AIG富士生命、東京海上日動あんしん生命の4社の中から、終身保険ならこの保険会社、掛け捨てならこことここの保険会社・・・という風にプランを立てていただきました。

これって考えてみたらすごいことですよね?

会社員時代に会社に来ていた保険の外交員さんは某保険会社の方なので、その会社の保険しか勧めません。

それが当たり前だと思っていた私は、十数社扱っている中からいいとこ取りしてくれたことが嬉しかったです。←単純なのかも?(笑)

もちろん、大事なお金の問題なのですぐに「これにします!」とお返事はできませんでしたが、無料で2度も適切なアドバイスをしてもらえる機会って今まで一度もなかったのですごく貴重な時間になりました。

ただ、人は欲が出てくるもので、「このFPさんじゃない人ならどんなアドバイスをしてくれるんだろう?」と思ってしまいました。

次は自分でFPを選ぶことができるFPのチカラで女性の話しやすそうな方を見つけられたらと思っています。

 




この記事を読んだママはこちらもチェックしています

ラインフラッグ



-保険, 家計のこと

Copyright© 毎日の離乳食レシピ・今すぐ使える食材宅配~年子母ちゃんの育児日記~ , 2018 All Rights Reserved.